リンク

« 私の子育て論その1 | トップページ | 今日はネコの日 »

2012年2月22日 (水)

私の子育て論その2

つい新しいカテゴリーを作ってしまいました。
育児となると小さな子だけが対象の様な気がするし子育てというカテも無いので普通に「子ども」というくくりにしました。
この「子ども」表記ですが、「子供」と漢字で書いてしまうのは間違いです。
どこからかお叱りが来るそうですよ。
「供」という漢字には供え物とか付属品という意味合いがあるので「子ども」と書くようになりましたとさ。

今回はベビー用品に触れてみようかと思いますがきっと脱線してしまうでしょう。

長女が生まれた約20年前は丁度紙おむつが出始めた頃。
布おむつを使う方が多かったように思います。
そんな中、私は最初の頃は両方使っていました。
お姑さんによっては「紙なんて使って手抜き育児をするな」という時代。うぜ~。
幸いにして私は紙おむつを買って貰ったりしていたので良かったのですが。

出始めて少ししか経ってない紙おむつは今と比べ物にならないくらい分厚くて横漏れもしていました。
それでも布おむつを洗う手間を考えたら紙の方が子どもと向かう時間が出来たのも事実。
そのうち私は紙おむつだけを使うようになり、ゴミを大量生産していました。

価格もかなり今と比べたらかなり高かったです。
安いのもありましたが、おむつかぶれをしてしまい使えなかった。
通気性が悪かったんでしょうね。
おむつかぶれをおこさない物を探しそれだけを使っていたので「高価なおしり」などと言いながらオムツを換えていました。

2年後次女が生まれた時は当然紙おむつ一本。
比べ物にならないくらい薄くなっているし、吸収性もアップ。
2年でこれだけ進歩しているなら10年後はいったいどのくらい変わっているのか、、、。

実際8年後出産したんですけど(笑)。
そりゃあ、楽でしたね。持ち運びも薄いし吸収性もあるし、長女の時とは雲泥の差というくらい良くなっていました。

それに驚いたのはベビー用品の種類の多さ。
正直、こんなものまでベビー用品として買わなくてもいくらでも代用出来るやん、と思う物も本当に多かった。
ただベビーフードの種類の多さは助かりました。
出かけた先でも簡単に食べされられるという便利さは活用させて頂きました。

紙おむつの話に戻りますが、今現在はオムツ外しはどう言った考え方なのでしょうか。
長女の時は早くはずせと言わんばかりに「まだはずれないの?」と言われておりましたよ。
長女は2歳前でしたが遅い方でした。
周りが早く外せ状態なのに我が子を見れば外せない。
精神的に追い込まれその事で子どもを怒ったこともありました。
そう、叱るのではなく感情的に「何で教えないの!」と怒ってしまうのです。

つい「おしっこは?」と常に聞いているのです。
長女は「無い」と言った次の瞬間にはおもらしです。
オムツはずしの時期が自分の妊娠出産が重なりかなり精神的にやばい状態だったように思います。

次女は1歳半でオムツが取れました。
それこそ教えなくても勝手に、という感じでした。
長女がドアを開けっ放しでトイレに入っているので面白がって一緒に付いて行ってそれを見ていたのが良かったのかもしれません。
要するにお姉ちゃんが先生をしてくれたのです。
私はそれを補佐する形です。

末っ子君が一番遅かったですね。
私も手抜きを覚え適当育児だったからかもしれませんが。
早生まれで幼稚園に入園したのも3才になったばかり。その入園式1か月前にかろうじてオムツがとれました。
幼稚園には換えのパンツを持たせて、「今日は大丈夫でしたよ」という日もあれば「今日は換えておきました」という日も。

結局いつかは取れるオムツです。
取れないからと言って叱る必要はないと思います。
叱ってしまうと「おしっこをした」事が悪いことだと思う可能性もあるのかなと。

あ、オムツがはずれても夜だけはおやすみ○ンを使っていましたが、不思議と3人ともオネショはしませんでした。
しっかり朝のトイレまで大丈夫だったのでそれは楽でした。

吸収性も良いし通気性も良いのでおむつかぶれの心配も少ないのではないかなあ。
技術の進歩ってすごいねえ。
それでオムツが外れるのが遅くなるのでは?という心配もあるのかしらん。

でも、「あ、今おしっこしてる」という子どもの状態は分かると思うのでその時にでも「おしっこ出た?」と声をかけてやればいいかと。
子ども自身がおしっこをしている間立ち止まるということはそれなりに意識しているのだから「今度は出る前に教えてね」と焦らず声かけをするだけでいいかも。
トレーニングパンツなるものがあったけれど、あれを使う必要性があったのかどうか私にはわかりません。
オムツを外せるタイミングじゃ無い時に使用しても結局自分の仕事が増えるだけだったし。

要するに他の子と比べる必要性はどこにも無いし出来ない事に対して焦る事も無いと思います。
生まれてまだ片手でも余るくらいしか経ってないのだから。

結局オムツだけの話になってしまった。ま、いいか(笑)。

本当は言葉の発達のことや、今でもあるのか知らないけれど早期教育のことや、幼稚園ママとの付き合いの事とかいろいろ触れたかったけれど長くなったので終わりますm(__)m。

ご清聴を感謝します。

« 私の子育て論その1 | トップページ | 今日はネコの日 »

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

「子ども」 いいくくりです。次女が幼稚園に入った頃、園長から書き方について話しがありました。懐かしい!
娘二人なので、しかも五歳離れているので、あまり叱る事もなく誉めあげながら育てました(可否については人様にお任せして…)。どちらかと言うと娘達がしっかりしてますf^_^; 私、間抜けな方なんで、逆に「お母さん、しっかりしてよ」と言われます。トホホ…
孫♪年子で、二年続けて里帰り出産。。来月上の孫が二歳&5月に下の孫が一歳になります。
可愛いですよ(^O^)

どうねさん

ありがとうございます
テレビ等で「子供」と書いてあるのを見かけると違和感を感じます。
以前は「子ども」の方に違和感を感じていたのに慣れってすごいです(笑)。

一人目は初めての事ばっかりで、気軽に話せる人もいなかったので余裕はありませんでした。
2人目はそれなりに楽しんでいましたが、3人目で実感しました。
子育てってすっげ~楽しいと

叱る事もほどんどなく娘たちからは「甘い!」と言われています。

良いですねえお孫さん。
「おばあちゃん」と言われることに抵抗感がありますが抱っこしたいなあ ま・ご

あぁ~、うちは今
小2・年長・年少の子供たちです。
園ママとの付き合い方、興味津々。
楽しみに待ってます!

あ、子どもでしたね。
失礼しました^m^

かえるさん

なんかね正式な文章なんかでは「子ども」じゃないとだめらしいですよ。

園ママかあ。幼稚園と保育園ではかなり違うようですね。

かえるさん家はとても賑やかそう
でも可愛い盛りですよねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の子育て論その2:

« 私の子育て論その1 | トップページ | 今日はネコの日 »