リンク

« 小学校でも留年… | トップページ | 私の子育て論エピソード編 »

2012年2月26日 (日)

私の子育て論その3

子どもが小さければ小さいほど母親の抱える不安は大きいかもしれない。
大きくなったら大きくなったら別の不安要素が出てくるのだけど。

小さい時は手がかかり大きくなってくると金がかかる。
確かにその通りで幼稚園や保育園で保育料がかかってくるけれど小学校へあがってしまえばそれほどかからない。
ここで私立の小中学校は考えていない。

お金をためるなら子どもが小学校時代で、というのも本当の事で、高校大学となると貯まるどころか出て行くばっかりで貯金は難しい。

なので貯金をするなら小学校中学校へ通っているうちに貯めておくのがベスト。

子どもが小さい頃の不安というのは先が分からないとか先が見えない事に対する不安が大きいと思う。
月齢に比べて成長が遅い、言葉が遅い、出来る事が少ない等々。

我が家の子ども達で言うと、上2人は月齢通りの成長をしていたと思う。
それよりか少し早いくらいだった。
所が末っ子君は何に付けても出来るようになることが遅かった。

まず1歳半健診では保険士が言う物に指さしが出来なかった。
「車はどれかな」「花はどれ」と聞かれても何も出来ないし言葉自体も出なかった。
私的にはそれも「個性」のうちとしてそのうち言葉なんて出るだろうし、今出来ない指さしもそのうち出来るようになるさあ、と思い気軽に構えていた。

所が私より絶対的に若い、母親でもない保険士にああだこうだと出来ないことに対して再検査がいるだの、半年後にもう一度来いだのと言われる始末。
大きく構えられているのも3人目で先が分かっているから不安もなかったのだけど、その保険士曰く「3人目だからと言っても」とマイナス面ばかり並びたてる。

正直額にマークがピキピキと出ていた。
ここで反論しても良かったのだけど周りには若いママさん達や1歳に満たない子達がたくさんいたので我慢した。

出来ないことに対してこいつは不安ばかり煽って何か保険士だ。
偉そうに机上の事ばかり並びたてるな、と顔に出てたかもしれない。

口が遅いのが何が悪い。指さしがその時出来ないのがどうしてすぐに出来ないといけないと言われないといけないのだ。
もしかしたら明日出来るようになるかもしれないし1週間後にベラベラ話始めるかもしれないじゃないか。

口が遅いのは3才を過ぎてもそれは続いた。
幼稚園に入園してもほとんどしゃべらなかった。
それでも先生との意思疎通はしていたようだ。
先生達には可愛がられていたのも良かったのかもしれない。
それなのに卒園することには「ちょっとは黙りなさい!」と言わなければならないほどしゃべるようになっていた。
子どもの成長なんてそんなものだ。

焦る必要はないのさ~。

今住んでいる所は何故か○才半健診をする。
1歳ではなく1歳半、2歳でははく2歳半。何で半年遅れ?
まあ、良いんだけど末っ子君は3歳半健診を受けていない。
そりゃあ、保健所から矢の催促。
でも何故か電話があった日に出かけていて留守電。
出かけて留守の時どうやら家にまで押しかけて来たのかポストに置手紙。
内容はまるで私が虐待してるんじゃないのか?的な内容。
ざけんじゃねえよ。
行かなかったのは1月に3才になり4月に幼稚園に入園し、健診で行う尿検査から検便から視力検査やらもろもろすべて幼稚園でやったから。
歯科検診も6月にしているのにその2ヶ月後の3歳児健診をする必要性を感じなかったからだ。
矢の催促は半年くらいで治まったかなあ。
あまり良い事ではないと思うけど、面倒くさかったんだよねえ。
どうしても半日つぶれるし上2人も学校から帰ってくる時間も早いし。

健診までに出来ない事があってもそれは個性だし、元気で笑っているならそれが一番だ。
と私個人的には思っております。

う~ん。こんな内容は面白いのか?
年齢的には幼稚園時代まで入ってきたなあ。
次回は幼稚園ママとの付き合いの話でもするかなあ。
でもかな~り昔を思い出さないとな(笑)。

« 小学校でも留年… | トップページ | 私の子育て論エピソード編 »

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

我が家の娘も5才ぐらいまで殆ど喋らなかったですね。転勤中だったので幼稚園に入れるのも遅くなりました。でも、保母さんたちのおかげか自然と周りとコミュニケーションできるようになりました。小学校に入ると知らないお店の人とかにも、聞きたい事があったら尋ねに行く「積極性」も出てきましたね。

体質的な異常でない限り、子供は自分のペースで成長していくんでしょうね。

k.m.joeさん

いらっしゃいませ\(^o^)/
彦根に越して来てあまりの保険士のうるささにびっくりしました。
上2人は愛知県でした。
そこはわりとゆったりと構えてくれていたので良かったなあ。

子どもが言葉を発する時に2つのタイプがあるようです。
1つ目が覚えた言葉をすぐに口に出すタイプ。
もうひとつが自分の中に溜めこんでそこが一杯になってから口に出すタイプ。
ため込む場所が大きければ大きいほど外に出てくるのも遅くなります。

なのでjoeさんのお子さんもうちの子も後者だったのかな。

身体の異常さえ見逃さなければその子のペースで成長していけば良いですよね。

いい話聞かせていただきました。
私の子どもはもうすぐ2歳です。
3月生まれで来年幼稚園にあがったら
発達の遅れってあるのかな~?
私はこんな悩みがあります。
発達の目安みたいなのを育児書や
HPで見てしまうと
子どものことに神経質になりすぎてしまうのですが、
やぐちさんの育児論は前向きになれます~
比べるのも比べられるのも苦手です。
これからママ友のこととか
考えたくないな~

hitomiさん

コメントありがとうございます。
2歳さんですか。きっと穴を見たら何でも放り込んでしまう時期ですね
早生まれの子はどうしても4月生まれの子と比べたら違います。
3月生まれなら1年近く違うのだから当たり前です。
出来なくて当たり前なんです。
それに4月生まれだから、5月生まれだからといってその子達が何でも出来るかって言えばそうでも無いんですよね。
やっぱり個々に違う成長をしているんです。

hitomiさんが抱えてる不安はきっと初めて入園させるママさんたちが抱えてる事がらと同じだと思います。
なので「早生まれだからできないのよ~」と思っていても良いかも。
4月生まれなのに出来なくて、、、って思ってるママさんもいると思います。
どんなことでも追いかける方が楽なんです。

幼稚園側からしたら子どもがおもらしするのは当たり前だし成長に差があるのは当たり前という前提だと思います。
きっと楽しい幼稚園ライフになりますよ、大丈夫です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の子育て論その3:

« 小学校でも留年… | トップページ | 私の子育て論エピソード編 »