リンク

« 今日はネコの日 | トップページ | 私の子育て論その3 »

2012年2月24日 (金)

小学校でも留年…

大阪の橋下市長はいろいろ波風立てていますが、義務教育中の子達にも留年をと聞いた時思わず突っ走り過ぎやろ~~~~とテレビ画面をガン見してしまいました(笑)。

まあ、良く聞けば高校のような1年そのまま留年という感じではなさそうです。
なかなか面白い発想ではありますね。

最初、この小学生も留年制度を設けたら?というのを聞いて、現実的には無理だなと私自身は思った。
子ども自身がどうのという意味ではなく、学校側が対応しきれないだろうと思ったので。

正直小学校の先生には幻滅され続けているので力の無い教師に新しい制度は無理だと思ったし、言う事を聞かない児童に対して「言う事を聞かないと留年だぞ」と脅しにも使われる可能性も出てくる。

私立はわかりません。私立なら対応出来るかも知れないとは思います。
躓いた所をもう一度1学年戻ってそこだけを授業を受けさせることも可能ではないかと。

例えば中学校で数学に躓く子は小学校の3~4年生あたりで躓いたまま進級している場合が多いです。
基礎が分からないのだからその上の問題はなおさら理解出来ないでしょう。

そうならないためにも躓いた所をもう一度という制度は良いと思うし有って欲しいとも思う。

ただねえ、教師が子どもをどれだけ親身に見てくれるかに左右されそうです。

今でも少人数学級やってますよ。ちなみに我が子が通っている小学校は全校生徒1000人弱というマンモス校です。
それだけの人数が居る中少人数制はかなり困難。
理解度によって分けたりしてますが、自分がどのクラスに行くかは児童本人が決めています。
要するに本来の理解度というより自己申告制なのでそれはどうなん?と思う訳で。

それだけの人数が居ると言う事はクラス数も多い。
1学年5クラスもざらじゃない。
末っ子君の学年は170人を超えています。

一クラス35人程度ですが、担任がどれくらい子ども一人一人と向き合ってるかなんて疑問を感じずにいられません。

保護者の間では新年度が始まり担任の名前を聞いては「当たり」だの「はずれ」だのと言われています。

私自身は子ども自身が担任が好きなら「当たり」だし、どうやら嫌いらしいとなった場合は「はずれ」なので他の保護者が自分基準でいうのとはちょっと違います。

今年はどうかと言えば「はずれ」でしたね。
体調の悪い児童が先生にその事を伝えようとしても耳を貸さないし、懇談で話を聞いても目についた事しか理解してないようなので、この人に何を言っても無駄だなという印象を受けてます。
子どもに話を聞いても「どうせ何言っても、ハイハイハイって言ってばっかりでこっちの話を聞いてくれん」と言って信用度が低い。
なので「はずれ」。

別に珍しい事じゃないです。
挨拶の出来ない先生だっていたのですから。

教師のレベルがもう少しアップしないことには橋下市長の言う留年制度は無理ですしやって欲しくないと思います。
あまりにも「何であんた先生になったん?」というのが目につきすぎます。

例をあげれば数えられないくらいあります。
何てたって10年同じ小学校をみているのですから。

次女が5年生の時の担任は事なかれ主義でしたね。
学校から帰ってきて次女が私に「○○君が首を絞めてきた」と報告してきました。
丁度その日は懇談で学校へ行き担任に会うのでその時に私は娘が首を絞められたということを言った時の担任の反応は「その時すぐに言ってくれないと対応できません」だった。
殴ってやろうかと思ったね。
一歩間違ったら救急車だったかもしれないのにね。

数年前の6年生の担任は「自分の嫌いな友達の名前を書きなさい」と言って用紙を配りその中に自分の名前を書いた児童を怒鳴りつけたとか。

最低でしょ。
そんな先生を何人も見てると教師に何を期待せいっちゅうねん。

制度も大事だけどもっと教師の質をあげてくれと思うことはいけないことなのでしょうか。
まあ、最近のモンスターペアレントとかありますけどね、別にそれになりたい訳じゃないですよ。

ただ毎年変わる担任に「お前もか」と思わざるを得ない状況を作ってくれるなと思います。

« 今日はネコの日 | トップページ | 私の子育て論その3 »

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

学校や教師に期待しちゃいけないんですよ
親ががんばるしかないでしょうな
せけんじゃアホな親もたくさんいて子どもが不憫でならないばあいもあるけどな

あと留年制度は駄目だわ
子どもは立ち直れなくなるやろね

子どもがどこまでそれを理解できるのか
留年したから次は頑張ると言うより、
学校自体 行くのが嫌になるんじゃないのかなぁ。
若しくは、自分で自分に見切りをつけるか。

しかし・・・後から言われても
いくらでも言い様は有るでしょう。
学校の気質になっちゃってるのかなぁ

pooさん

年齢の低い小学生ばかりに接しているせいなのか精神年齢が低い先生が多い気がします。
一度一般企業でもまれてこれば?と思うこともしばしば。

長女の時は担任に恵まれたことが多かったけれど末っ子君はどうもねえ、、、。
来年度はどうだろ。

子どもの方が賢くてとっとと見切りをつけちゃう場合が多いかなあ。
特に女の子はその辺りしっかりしてるようです。

かえるさん

今の公立の状態での導入では子どもも親も理解出来ないと思います。
何故自分の子が留年しなければならないのか。

留年という概念をどうとらえるかですが、普通留年と言えば1年ダブルと思いますよね。

ただでさえ陰湿化しているいじめにも拍車をかけそうです。
小学生だと「あいつバカだから留年した」と言う事になりかねないですし。
不登校も出そうですね。

ただ躓いた所をもう一度復習が出来る制度になると学力はアップすると思います。

ゆとり教育が無くなった途端、先生自体に余裕がなくなり勉強が追いつかない子に塾を勧めます。
学校の先生自体が塾を勧める時代になってしまいました。

自分は体育会系だったからそっち方面で礼儀や思いやりを学んだよ
学校の先生も普段優しいのにやっちゃいけないことしたときは思い切りビンタされたもんだ
そこでやっていいこと悪いことを学んだな
愛情のある体罰は賛成派だが今は馬鹿親が多いせいかそれが出来ない環境だろ、教師が事なかれで関わりを持たなくなるのも仕方がないだろな

pooさん

悪循環ですね。
親が気に入らない事があれば学校へ苦情。
学校側も苦情処理の時間が割けないために事なかれになってしまう。
そうなると何のための学校でしょう。

勉強だけなら塾で十分です。授業の進め方も塾の方が断然うまいですし。

いじめの対応も出来ないし学級崩壊させる担任もいるし・・・。

子ども自体もくそ生意気なのもいる(笑)。
生意気なのはいいけれどすぐに「死ね」と言う言葉を使うのを聞くのは忍びない。

僕らの時は親が学校に自ら顔出すなんて無かったものだけどな、呼び出されたことは何度かあって迷惑掛けたが・・・
スポ少ってのも親が同伴が当たり前とかになってる
クラブチームなんかは親は送り迎えだけ、それ以外は顔出すなって姿勢でやっているんだけどこれが当たり前だとおもってる
子どもが輪に入って自ら自己表現する場に親の手助けはいりません
自分が子どもの頃は親が一緒なのがはずかしかったものだがな
母親なんかと一緒じゃ恥ずかしくて出かけたくも無かったものだ
まぁ母親が仲良し親子に育ててるってのもあると聞くが、女の子ならいいが男の子がそれじゃちょっと痛すぎる

pooさん

スポ少に入ってる子は多いですねえ。
でも試合会場までは輪番制の車だしがあるし、監督のお弁当の世話もいるとか聞いて話だけで私自信が無理でした。

母親が自分の子の友達を選別してる家も知ってます。

要するに母親の目が子どもに行き過ぎてるでしょう。
親の方が子離れ出来てないのかも(^_^;)。
それを受け入れちゃってるのかなあ子どもも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校でも留年…:

« 今日はネコの日 | トップページ | 私の子育て論その3 »