リンク

« 氷柱雪氷柱そしてネコ | トップページ | ゆるキャラ »

2012年2月 6日 (月)

たかが貧血されど貧血

『貧血で倒れた事がありますか?』と聞かれれば私はそういう事は一度も無い。
学校での朝礼で倒れた事も無ければ駅の階段等で倒れた事も無いのだ。

自分が貧血だと知ったのは一人目の妊娠時、血液検査をした時に分かった。
その時は一時的な物と高をくくっていた。

何せ自覚症状も無ければ何度も繰り返すが倒れた事もないから。
それでも2人目3人目の妊娠時にも常に貧血と言われていた。

しかし年月が過ぎ、こりゃ医者でしっかり調べて貰わないとやばいかも?
と思ったのは一昨年の秋ごろ。
とにかく身体がだるい。風邪もひいてないしどこか痛い訳でも無い。
どこがどう、と説明が出来ないのにだるいのだ。

近所のクリニックへ出かけ血液検査の運びとなった。

お医者さんが開口一番私に言ったのは「最悪な数値ですね」だった。
へ?何が?ってなもんである。
すすーっと血液検査の結果用紙が私の目の前に出された。
それがこれ↓
Cocolog120206a_2
ヘモグロビンも数値が6.4だった。
確かに今までにない低い数値。ちなみに正常値は11.3~。
「この数値で動ける事自体が不思議ですね。例えば健康な人がいきなりこの数値になった場合意識を失います。そのまま死んでしまう事も考えられます」と、紙を見つめる私に淡々と説明をする医者。
その後もいろいろな項目の説明を受け、つまることろ私の体内に鉄分が全くなくすっからかんの状態だった。
動けるのは徐々に鉄分不足がすすみそれに身体が慣れていったからと思われる。
それでも危険な状態には変わらないのだ。

命の危険である。できれば貧血で死にたくない。そりゃそうだ。
治療すれば改善できるのだから。

この日から私の貧血治療が始まった。
鉄剤を服用し定期的に血液検査をする。
クリニックへ行くたびに「体調はどうですか?」と聞かれるが、鉄剤の副作用で体調は良くないのだ。
なので貧血が改善されてるのかも分からない。

なんだかんだと1年が過ぎた。
血液検査で数値が正常値になってから数カ月薬をストップした状態でまた血液検査。
結局鉄分が足りず現在も薬を服用中。
一番最近の数値がこれ↓
Cocolog120206b_2
これ以上悪くならないようにと維持するために数か月経過を見る。

しかしここ数日肩が痛い。
実は最悪な数値で過ごしていたであろう時にも肩が痛くて朝起きる事が出来ず、痛みで気持ち悪くなったことがあった。
それを見ていた長女が救急車を呼ぼうとしたこともあったけれどそれは止めさせた。

その時と同じような痛みがここ数日ある。
う~ん。まあ、もう少し様子を見るか~と思っているのだ。
ぐるぐる腕は回せる。
ただ首を下向けたり上を向いたりする時が痛いのだ。

どうも最近自分の身体はボロボロだなあと思う。
大雪が降って緊張感の中で車の運転するわ、雪かきするわそれ以降痛いのだ。

そうだ!悪いのはこの雪だ!この寒さだ!

そういう本日は雨である。

« 氷柱雪氷柱そしてネコ | トップページ | ゆるキャラ »

身体のこと」カテゴリの記事

コメント

人間年齢を重ねていくと誰にでも多かれ少なかれ悪い部分ができてくると思います
気持ちだけは負けないようにしていきましょう
負けねーぞ

pooさん

コメントありがとうございます♪。
全くその通りで、どこも悪い所はありません、と言う人は
少ないでしょうね。
上手にそれと付き合っていくしかないですね。

ホントに気持ちだけは負けねーぞ(^O^)/

私も一人目妊娠中の血液検査で
貧血と診断されました~
自覚症状がなかったので
定期的な検査って必要ですね
お気を付けくださいませ~

hitomiさん

いらっしゃいませ♪
どうしても胎児に栄養を与えるので貧血になりやすいですね。
私は妊娠中も薬を飲んでました。

私の場合自覚症状が現れた時点でかなり危険な状態でした。
お互い気を付けなければいけませんね。

またいらしてくださいませね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかが貧血されど貧血:

« 氷柱雪氷柱そしてネコ | トップページ | ゆるキャラ »