リンク

« 私の子育て論その4 | トップページ | ど~こだ? »

2012年3月 2日 (金)

あほちゃうか

「習ってない漢字使うな」指導で自分の名前を書けない子供も

<最近、自分の名前であっても学校で習ってない漢字を使ってはならないと先生が指導するという。おかしい。だって名前の漢字はすべて学校で習うとは限らない。ならばいつまでも自分の名前は漢字で書けない。名前は親が指導し、学校では友達の名前を読めるように指導すべきと思う>

 立命館小学校副校長で大阪府教育委員も務める陰山英男さんがツイッターに書き込んだつぶやきが、大きな議論に発展している。あまりの反響の大きさに、陰山さん自身驚いているようだ。

「ツイッターでは、大阪府の教育基本条例の問題なども取り上げているのですが、漢字と名前の問題の反響はそれよりはるかに大きいものでした。あまりにも多数の声が次々に届くので、何かの間違いではないかと思ったくらいです。

 反響の理由を、陰山さんはこう分析した。

「保護者の声で最も多かったのは、書ける漢字を書かせないという“ブレーキをかけること”への反発でした。この問題に保護者がここまで熱くなっている背景には、学校への不信があります。これまで教師がよかれと思って指導してきたことが、保護者目線で見るとズレていることがあるんです」

「漢字と名前」問題が浮き彫りにした、いまの学校教育の問題とは──

 例えば「陰山英男」さんが新入生として小学校に入学したとしよう。最初は漢字を習っていないので、すべて平仮名で「かげやまひでお」。1年生のうちに「山」と「男」を習うので「かげ山ひで男」と書くよう指導される。4年生になると「英」の字を習い「かげ山英男」と書くが、「陰」の字は小学校卒業まで書かないことになる。これが名前の「交ぜ書き」だ。

 ツイッターで指摘しているとおり、子供が漢字で自分の名前を書けるにもかかわらず、「平仮名に直せ」と指導されるケースが少なくないことがわかった。つまり、子供は「陰山英男」と書けるにもかかわらず、「かげ山」と書きなさいと教えられていたのだ。東京都在住のAさん(44才・主婦)がいう。

「子供には“小学校に上がる前に漢字で名前が書けるように”と漢字を覚えさせ、子供も名前を漢字で書けるようになったことで自信がついたのか、学校に行くのを楽しみにしていました。ところがある日、『習ってない漢字は平仮名で書かなきゃダメなんだって』とションボリして帰ってきたんです。思わず“ダメってどういうこと? 自分の名前なのになんで漢字で書いちゃいけないの?”と声を荒らげてしまいました」

 さらに、学校や教師によって漢字がOKだったりNGだったりすることで、ますます混乱してしまう子供や保護者もいる。

「うちの名字は『清水』で、息子は全部漢字で書けます。でも2年生で習っているのは『水』の字だけなので、それに従うと『し水』と書かなければいけないことになる。担任の先生は息子が名前を漢字で書いても『平仮名に直しなさい』とはいわないそうですが、書写の先生には『平仮名に直しなさい』といわれてかなり戸惑っていました。

 最近では先生の顔色を見ながら『清水』『し水』を書き分けているようですが、どうして子供がそんな気を使わなくちゃいけないのか。せめて学校内で統一してほしい」(39才・主婦・東京都)

※女性セブン2012年3月15日号

この記事を読んでどう思いますか?

書ける漢字なのに、しかも自分の名前なのに平仮名に直せってどういう事??
私は思わずタイトルに書いた言葉を発してしまいました。
子どもの好奇心や向上心に何でストップをかけるのか意味がわかりません。
こんな指導してほしくありません。

本当に小学校の教師に対して不信感が募ります。
もう一回大学で教育課程やり直したら?と思います。
やり直しても無駄な気もしますが。
根本的な事を分かってないのだから。

全部の先生が全部とは言いません。
頼りになる先生もいたし良い先生だなと思う先生もいます。

ただ「あほちゃう?」と思ってしまう先生が多すぎ。
こんなことしてるから賢い子は先生を信頼しなくなる。
信頼しないと言う事は嫌いという感情に繋がり言う事を聞かなくなる。
で、最悪学級崩壊。

学級崩壊って1年生からあるんですよ。
1年生の場合、反抗するというより言う事を聞かず騒ぐんですけどね。

« 私の子育て論その4 | トップページ | ど~こだ? »

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

驚いたなあ、それも先生によって違うのですか。
昔ならそんなこと考えられませんでしたが。
その先生の名前は習っていない限り漢字で書けない、自分の住
んでいる都道府県名もですか。

同じ学年でもクラス(先生)によって、バラつきが有りますね。
私も不思議です。

これは一例ですが・・・
冬場、半袖体操服の下に 私服の長袖Tシャツを着ててもいいクラスと
ダメなクラスと。
それが許されるクラスは、学校指定の高い長袖ジャージを買わなくて良く、
許されないクラスは、買うはめに。
先生によって、親の負担額が違ってくるっておかしいですよね。
せめて学年で位、統一しようよ!って思います。

clitonさん

最近はその年の担任の良し悪しでかなり違います。
高学年で地図を使い始めますがどうなんでしょう。
もしかしたら名前と同様平仮名でといわれているかもしれませんねえ。

我が家の末っ子君に聞いたところ今の所平仮名に直しなさいとは言われたことがないそうです。

学校単位なのか担任その人個人なのか疑問ですが、先生によってかなり対応が違うのはどこも同じような気がします。

かえるさん

担任よって親の負担が違うというのはおかしいですね。

同じ学年でも担任によって授業の進み具合が違う、宿題の出し方が違う。
いろいろ違います。
宿題を出しても担任自身がそれを見ることが出来ないとなると宿題は少なくなったりしますし。

春休みに宿題が出ないのは新学年の担任がその宿題を見られないからですしね。
子どもは喜んでいますけど(笑)。

今読んだのですが
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20120302-91724/1.htm
にとんでもない当て字で誰も正確に読めない名前がついている子供がいると書いてありました。
先生も先生、親も親なんでしょうね。そんな名前をつけられた子供がかわいそうです。

clitonさん

キラキラネームですか。
漢字とひらがなで書かれるともう自分の名前じゃないですね。
最近の子の名前は本当に読めないんですね。
驚きです。
将来その子が大きくなった時自分の名前をどう思うのかなあ。
その時の流行りだからあまり違和感とかは感じないのかもしれませんね。
反対に読みやすい字の名前が古臭いと思われるかも。

ただ自分の孫にそういった名前を付けようとしたら反対するだろうなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あほちゃうか:

« 私の子育て論その4 | トップページ | ど~こだ? »