リンク

« 夕方のニュースで… | トップページ | 金環日食 »

2012年4月27日 (金)

子を持つ親として

ここ数日小学生が犠牲になる交通事故が立て続けにニュースで報道されている。

京都の無免許運転、愛知県岡崎市の「仕事のことを考えていて」、千葉県館山市の「ボーっとしていて」と子ども側からはどうにもならない事故。
飛びだした訳でもなく、ただ学校へ行くために歩いていた、バス停でバスを待っていただけである。

事故があって初めてここは危険だと通学路を見直される。
今まででも危ないと言われていたにもかかわらず何もせず死傷事故が起きて初めて重い腰をあげる学校サイド。

ここで思い出したのがつい最近私の地域でも通学路を替えた方が良いというおばさんが学校へ乗り込んだ件だ。
学校側からしたら「誰?この人??」という人なのだけれど学校側は「通学路は地域の役員に任せているので」という対応だったそうだ。

それを聞いてはい?そんな話し聞いたことが無いという第一印象だ。
通学路って学校が責任持ってるんじゃないの?
危ないと思った道は例え役員からも申し出の場合でも学校が変更するんじゃないの?
いったいどこが通学路の責任を持っているんだ??

誰だって事故で子どもを失いたくない。
歩道があったって縁石と車道と別れていてもガードレールがあったとしても事故は起きるのだ。
縁石をまたいで走ってきた車が登校班へ突っ込んだ事故を知っている。
ガードレースの切れ目に車が突っ込む場合だって考えられる。

運転する側がそれこそ気を付けてくれないと防げない。

朝は時間が無いので車の流れが殺気立っている。
登校している子どもは邪魔なんだと思う。
右折しようにも子ども達が横断歩道を渡るためなかなか右折出来ない状態も多々ある。
コンビニへ入りたくても子ども達が邪魔。

その気持ちは分かるけれど子どもが登校する時間は決まっているのだから出来れば車の方が時間を考えるか道を替えるかして欲しいものだ。

そう言えば京都の事故で個人情報が漏れたけれど、あれは有ってはならないことだ。
学校も警察も何してるん?と怒り爆発である。
漏らした学校の教頭の名前は発表されているのに警察の係長とやらは名前は出てないのは何故だ?
学校にも警察にも不信感を募らせている私であった。
例え一部の人間だとしてもクリーンには考えられない。
そんな中良い先生にめぐり合う事は本当にラッキーなのだろう。
話が脱線してしまった。

事故が多いのは何故だ?しかも子ども達に突っ込む車の事故。
後少しずれていたら単独事故で済んでいたものばかりじゃないか。
遺族の気持ちを考えるとやりきれない。
きっと後からじわじわと居なくなってしまった子どもの事がのしかかって来る。
本当の悲しみはショック状態から立ち直ったその時からなのだ。

« 夕方のニュースで… | トップページ | 金環日食 »

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

外国のように時間にルーズが当たり前になると少しはましになるかも
時間と心に余裕ができれば事故って減ると思う
だれも事故を起こしたくて起こしてるわけじゃないんだよな
厚かましい奴は問題外だけど

pooさん

もっと気持ちに余裕があれば事故は減るかもしれませんね。

でも今回の場合、居眠り(しかも夜通し無免許運転)と不注意なので切羽詰まった事故では無いですよね。

私も運転するし娘も若葉ちゃんだし…。
気を付けないといけないなと思います。

一生考えるだろうね。
本当なら今○才、どんな感じに成長してたんだろうって。
消えることはないね。

かえるさん

節目節目でそういう気持ちが襲ってくると思います。
受け入れるには時間がかかると思うし、受け入れきれない部分もあると思うし。

同じ事故が無くなれば良いのに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子を持つ親として:

« 夕方のニュースで… | トップページ | 金環日食 »