リンク

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

吹奏楽祭へ行ってきました

この時期は毎年吹奏楽祭があります。
中学生や高校生たちが演奏します。

今年のプログラムには「響け!復興のハーモニー」という文字が印字されていました。

今日は最終日。
毎年我が娘たちの学校の時間に合わせて会場へ出かけます。
去年からは次女だけですが、それまでは長女も吹奏楽部だったので時間を何とか調整しつつ出かけていました。

会場が近くでホント良かったよ。
上手な学校もあれば、音は良く出てるけど…などと思わせる学校も有りいろいろ。

でも音楽科のある高校の演奏は素晴らしかったです。

今日で5月も終わりですねえ。
ここのブログを始めたのが今年の1月からですからかれこれ4カ月経ちました。
そしてやっとプロフィールの表示の仕方を知ってブログにアップしました。
いつもプロフィールって何を書いていいのか迷います。

そういえば大飯原発を再始動することに決まったんですかね。
頼むから琵琶湖を汚染するような事態は勘弁して欲しいものだ・・・ってか安全対策置き去りってありえねえ(¬¬)。

6月はいろいろありますねえ。
4日に部分月食もありますし、6日は金星が太陽を通過します。
同じ6日にAKB48の総選挙があるそうで…。

そうそう1日は旗当番なので小学生たちの登校班と一緒に学校へ行かないと。

2012年5月30日 (水)

東電に生活保護に消費税そして雷雨

最近のニュースは東電、生活保護、消費税に雷雨って感じでしょうか。

今朝のニュースでは東電の引き上げの金額の中に冬のボーナスの分が入っているとか??
それってあり得ない思う事が平然と行われる企業ってどうなん?
独占企業でかなり常識がずれてる。

ポッケないないが常識な東電。

私は関西なので東電では無いけれど、結局関西にしても他に電気を買う企業が無いのだからやってる事は同じかもしれませんね。

お客様サービスの部長だか本部長さんは今度は東電の子会社の社長に収まるそうで。
いろいろやり玉にあがるご褒美で社長の椅子でも用意してもらったんでしょうかね。

東電の常識は民間企業の非常識。

生活保護では芸人さんが2名ほど騒がれております。
片や印税だけで4000万。
片や母親の住むマンションのローンを月40~50万払っているとか。
これだけあれば生活保護の対象外でしょうね。
ローン月40万あるので生活保護って考え方がおかしい。

それだけの支出が許されるんなら一般人なら購入するマンションはローン10万くらいで押さえ残り30万を生活費にとかにするんじゃね?
しかも両親(母親のみ?)で30万あれば充分1ヶ月生活できますよね。
てかしろって感じですが。

考え方が本当に甘いです。
ただこの場合支給する側にも問題がある訳で。
いかにもこの2人が悪い!みたいな騒がれ方ですが、支給を許可したのはどこなんでしょうね、って事です。
どっちかというと、何で支払うんだ!とそっちに怒りをぶつけるべきでは?と思うのですがおかしいかなあ。

本来貰うべき人達に顔向けできない事をすべきじゃないです。
何で餓死しなきゃならないのか?ってことです。
この飽食の時代に餓死する人達が実際にいるんですから。

後、消費税ね。
これどうなるんでしょうか。
同じ党で意見が真っ二つってどうなん?
政府の信頼感0だからなあ、私。

天気が不安定ですね。
昨日は子どもの下校時間に豪雨ってやーめーて~~~~。
その時間を過ぎたらすっかりやんじゃって、どうなってるん?
晴れていてもその晴れを信用しちゃあかんのです。

2012年5月27日 (日)

いきなりの雷雨

夕方いきなり真っ暗になりその後雷が。
そのちょっと前、バスマットを干していたのを入れ忘れていたのを思い出し外へ出たら晴れていたと思っていたのに雨が降り始めてました。

いや、ついさっきまで太陽が、、、。
昼間は夏のように暑かったけれど確かに空気が冷えてる。
暑い日に急に風が冷たく感じたり気温が低くなったような場合は雨が降ると言うのは本当らしい。

空を見上げれば雨雲と晴れ間。

Cocolog120527a_2でも どうみても雷が鳴りそうな雲が…。

Cocolog120527b でもちょっと視界をずらせば青空も…。

Cocolog120527c 5分もしないうちに真っ黒な雲がやってきました。

その後は稲光と雷と雨。
一時的でしたが急に天候が変わるのはこっちが大変(^_^;)。

明日は雷雨に竜巻に注意だそうな。
また寒気が日本に近付いているのだとか。
ここ数日暑かったので地上の熱もあるだろうし、そこに寒気が入って来ると雹やにも気を付けないと。

最近天候がおかしいですね。
お気を付け下さい。

2012年5月23日 (水)

いたずらしてみました2

昨日のアンパンマンに続きパックマンを描いてみました。
知ってるかなあ?

実際には目は無いんですけどね。
8:02の日食です。

Cocolog120523_2

結構というかかなり楽しかったです

いたずらしてみました

Cocolog120522 昨日の6時23分の日食にいたずらしてみました。
この形を見たときこれしかない!と思いましたね(笑)

2012年5月21日 (月)

我が家から見た金環日食

朝起きて窓の外を見てやったね(^^)vと思いました。
だいたい今まで起きぬけにテンションが上がる事が今までにあったかどうか?
無いなあ。

晴れてくれてありがとう!って感じです。

昨日の時点で日食が始まる時間やらを調べましたが結果的には数分早かったように思います。
調べた地点よりずれていたからかもしれませんが。

今回の金環日食のイメージとして、「太陽が月を追い越す」んだそうです。
天文学的には違うらしい。

では我が家から見た金環日食をお楽しみください。
これより綺麗な画像も、よ~似た画像もあちこちで見たがな、と思われるかもしれませんがそこはそこ、ここはここ、、、と言う事で多めに見てくださいませね。

Cocolog120521a_2 Cocolog120521b_2 Cocolog120521c_2 Cocolog120521d_2 Cocolog120521e_2 Cocolog120521f_2 Cocolog120521g_2 Cocolog120521h_2 Cocolog120521i_2 Cocolog120521j_2 Cocolog120521k_2 Cocolog120521l_2 Cocolog120521m_2 Cocolog120521n_2 Cocolog120521o_2

本当に雲も無く金環日食を堪能しました。

さて、次です次!
6月6日に金星が太陽の前を通過するんだそうな。
これは1世紀におよそ2回しかないので今回もかなり珍しい現象です。
太陽に黒い●が見えるみたいですが視力が良くないと見えないとか。
そのひになってみないと分かりませんが、取りあえず日食グラスで見てみようと思います。
時間は大雑把ですが7時過ぎからお昼2時前まで見られるそうです。

2012年5月20日 (日)

金環日食前日!

明日です。
晴れてくれるといいのですが。
日食グラスOK。
子どもの明日の学校の用意OK、、、多分。
弁当は少し早起きして、、、。
いろいろ頭の中で段取りをしております(笑)。

日食は地域によって時間や見える感じが違うと言うのが不思議です。
遠いので同じように思うのですが、今回日本海側は部分日食ですし。

せっかくなので自分の住んでいる所をピンポイントで時間を調べてみました。
なのでひこにゃん市以外の人達は全く関係ないというか、多少ずれていると言うか。。。

日食の始まり:6時18分7秒
金環日食開始:7時30分47秒
最大食:7時31分56秒
金環日食終了:7時31分56秒

日食の終わり:8時56分30秒

7時24分ごろから調べると良い感じです。

日食ナビと言う所で調べました。

当日の予定。
6時前に起床し、洗顔着替えを済ませいつでも外へ出られる状態に。
取りあえず6時18分前後で写真撮影挑戦を兼ねて練習。
末っ子君を起こして日食を一緒に見て、6時45分までにはお弁当作りを終了。
その間に娘たちを起こす。
7時15分までにみんなに朝ごはんを食べさせて再び日食観察。
その後は日食観察に励む。
娘たちはそれぞれ自分たちで学校へ行くので放っておくとして、末っ子君はいつも通りの登校なので、いつでも学校へ行けるように準備をして金環日食を観察させないと。
少しくらい登校時間遅らせても良いのに、気の利かない学校だ。
中学校はかなり始業時間を遅らせたようだ。
一応日食グラスを学校へ持たせようかな。

出たり入ったり忙しそうだ。
気候が良い季節で良かったと思う。
時間も忙しい朝だけど朝日の方が目に優しそうだし。

兎にも角にも明日なのだ。
晴れましように(((((((^人^)))))))

2012年5月18日 (金)

日食グラスの不良品に注意!

金環食まで後3日。
天気を心配しつつも何となくわくわくとしております。

ここ数日テレビのニュースでは日食グラスの不良品では太陽を見ないようにと盛んに言われています。

ヨーロッパ規格の品質標準・CE規格をクリアーしてあれば大丈夫かと思います。
私はアマゾンで3つまとめ買いしました。
だって、1つ500円、2つで890円、3つで1200円だったし…(笑)。
まず自分用1つと末っ子君用に1つ、後の一つはその時間にいる家族の誰かが使えば良いやと思ったので無駄にはならないかと。

購入する時は楽天でもいろいろ見ましたが何が良いのやらさっぱりでした。
その時にこの規格の事も知り、フィルムにより太陽の色が違うとかも知りました。
情報が有り過ぎると言うのも決定する時には大変で、アマゾンにそのまま移行。
こっちの方が情報整理されているし送料かからないし規格もクリアーしているというのでここで注文したのです。

楽天の評価の中に「100均で2つ売ってたのと変わりない」と言うのがありましたが規格がクリアーされていた物なんでしょうか。

先ほどアマゾンを再び見てきましたが3つセットはどうやら売り切れ。
出店品では\9800となっていました。1200円が9800円。
早めに買って良かったあと胸をなでおろしました。

日食グラスの不良品はテレビ画面や室内の明りが見えるようです。
それはNG。
確かにどんなに明るい電気が点いていても私の買ったモノは真っ黒で何も見えません。
外でかけても真っ暗です。
太陽の位置を影で確認して太陽に背を向けて日食グラスをかけて観察しようと思います。

日食グラスの無い時は木漏れ日や、穴のあいたもので影をみると良いと聞きます。
どうせなら両方試してみようかな。
数年前の部分日食で水たまりを見てる人もいたのでバケツに水を張って見てみるのもありかなあと思っています。

ペットの異常行動も観察対象であります。
我が家のネコですが、日に日に落ち着きが無くなってきています。
何となくいつもと違う感じがありますが、目に見えての変化ではなく毎日観てるから分かる、という程度かと思います。

♪てるてるぼうず てるぼうず~♪
300年も待てません。月曜日に見られますように(祈)

2012年5月17日 (木)

癒し

Hitokoto52 世の中の事は我関せず。
このままずっと夢の中…。

2012年5月16日 (水)

子ども同士のトラブル

小学校で新しい学年になってから初めての学習参観がありました。
学習参観、総会、学級懇談と3本立て。
出来れば参観と学級懇談を続けてやって欲しい所ですが、総会の出席率が悪くなるため参観と懇談の間に総会です。

総会、、、ここ数年委任状です。
ぽっかり空いた1時間をお茶して過ごしました。
学級懇談が始まる時間を少し遅れて店を出たのですが、学校へ着いてもまだ総会は終わってません。
どうやら揉めてるとか。
いやあ、怖いですねえ。何を揉めてるんですかねえと詳しそうな人にちらっと聞いたら何かの予算で苦情が出てるらしいとのこと。

もうね、総会で揉めるって相当な事だと思うんですよ。

結局学級懇談は30分程遅れて始まりました。
担任の話を聞いておしまいなんですが、取りあえず収穫はありました。

その一つに子ども同士のトラブルが増えているのだとか。
例えば友達に「今日遊べる?」と聞くと「無理っ」。
ある子が「これどう思う?」と聞けば「うざい」。
言葉が足りなさ過ぎてトラブルになる事が多いらしい。
そうなると先生たちが絡まった糸をほぐすように対応して誤解を解くとか。

答え方というのも有ると思うんですよね。
それは子どもとか大人とか関係なく。
単語でしか受け答えが出来ないということは家でも同じような対応なのかもしれません。
我が子でもやはりあります。

「それ取って」と子どもから言われても私は動きません。
人に頼む態度ではないし、何を取って欲しいのか分からない。
「何をどうして欲しいん?」と聞きなおすと「そこのティッシュ取ってください」と言いなおします。
私と子ども達の間では日常茶飯事なので、別にこれでこじれるとか子どもがふてくされる事は全くないです。
一種のゲーム感覚になっています。
誰かに何かをして欲しい場合や聞きたい場合、やはり頼み方聞き方があります。
それは親子だろうが親友同士であろうが言葉を大事にして欲しいのです。

今の子達は自分も含めてですが、物を話す時に主語が抜け落ちています。
いきなり主語の無い話をしてきても例え私自身が分かる場合でも、何のことについて伝えたいのか聞きなおします。
正直面倒くさいです。
分かっていたらそのまま流してしまう事が多いのは確かですが、主語無しの話は何の話をしたいのか聞きなおすようにしています。
最後まで聞いて「で、いったい何についての話なん?」と聞くと「あ、」と初めて主語無しで自分が話していたんだと気づくようです。

つーといえばかーも大事ですが、そればっかりもね。
言葉が足りないというのはどうしたら治るのか私にも分かりませんが、自分だけが分かって話をしていても相手には伝わらないんだと言う事を知って欲しいとは思います。

Cocolog120516 我が家のベルフラワーです。
植えた時は2株だったのですが年々広がってます。

2012年5月14日 (月)

金環日食2

金環日食まであと1週間ですね。
日食グラスも用意しました。
安全規格をクリア―しているものなので安全かな。多分きっと…。
肉眼では絶対太陽を見上げないでくださいね。
あと日食グラスを付けていても1分以上続けて見ないでくださいね。
これもあちこちで聞かれますが、自家製の黒いフィルムや煤でガラスを黒くした物もダメです。
この日食グラスは部屋の中で付けていても真っ黒でテレビの明るさや部屋の電気の明りは一切見えません。
太陽を眺めて初めてオレンジ色の光が見えます。

Cocolog120514a

私の住んでいる地域からはかろうじて金環日食が見られるとのこと。

Cocolog120514b 見にくいですが黒い帯の中心部分のラインですがここでは理想的な日食が見られるそうです。
皆さまの地域ではどうでしょうか。
この黒帯以外の地域は金環日食ではなく部分日食になるそうな。

で、お昼過ぎに試しに日食グラス越しに太陽をデジカメで撮ってみました。
Cocolog120514c
フイルムにゴミがついていたので何だか汚い画像ですが、こんな感じに取れました。
猫の毛が付いて取れない(-_-;)。
当日はなるべく綺麗にフイルム部分を掃除して撮ってみよう。
ズームとか使えるかなあ。
月の時は楽だったけれど日食グラス越しでも眩しくて結構きついです。
あ、でも昼じゃなくて朝だから少しは出来るかな
しかも欠けてるんだし…。

そういえば当日は小学校と高校はどうなるのか知らないなあ。
大学はまあ、いつも通りなんだろうけど。

2012年5月13日 (日)

4時半起きでおにぎり作り

今朝は4時半起きでした。
次女の高校が吹奏楽祭とかいうのに参加するため大阪までバスで行くのだとか。
5時過ぎに家を出ると言うので4時半に起きてお弁当を作りました。
お弁当と言ってもおにぎりだけですが…。

普通にお弁当だと邪魔になるというし、いつもならこう言う時はサンドイッチにするのですが生憎それ用のパンは無いし。
安い時に買って冷凍しておくのだけれど最近安くなってないし。

おにぎりもどうせなら味付けご飯のおにぎりの方が良いかなあと思い、味付けご飯を炊きました。
別に1から手作りじゃないです。
フリーズドライタイプのを洗ったお米に混ぜて炊くだけです。
1合からなら1つ、2合なら2つ入れると出来ると言う優れモノ。

4時半に眠い目をこすり起きて炊きたての味付けご飯をおにぎりに。
しか~し!熱いのだ!当然だ。炊きたてなのだから。

掌をやけどをしたくないので軍手をはめて透明のビニール手袋をはめておにぎり作り。
ラップで三角形に作ってそのまま持って行けばOK。
長女の大学オーケストラも地元の音楽祭で演奏するのでこのおにぎりを持って行きました。

私は二度寝してたから知らないけど。
起きた時は出かけた後でおにぎりは無かったので持って行ったのだと。。。

そうこの二度寝って次起きるのがしんどくてねえ。
4時半に起きてそのまま洗濯機を回して干して寝たので6時過ぎから寝たんです。
起きたら10時過ぎ。
長女は9時に出て行くと言っていたので居りませんでした(笑)。

それと最近飼いネコのシルク(♂)が明け方になるとドスドスと寝ている私の体の上を歩いてそのまま寝るんです。
お腹や胸が圧迫されて重い!
昨夜なんか早めに寝た私の上を深夜にドスドスと来て顔を覗きこみならがニャーニャーと何かしら訴えてくる。
目が合うと満足するのかそのままそこで寝る。

いや、どいてよね。重いんだからと、うんしょうんしょと猫をずらして寝るんです。
何で人の上で寝たがるんだ?
今夜はどうするのかなあ。また上に乗って来るんだろうか…。
ダイエットする?(^^ゞ。

2012年5月11日 (金)

昼咲月見草

昼咲月見草が咲き始めました。
花が咲くまでに2年かかりましたが今では本来の強さを誇示しあちこちで咲いています。
石の間から咲いてる花が一番早かったです。

私の一番好きな花です。

何で好きなのかな。良く分からないけれど好きなんですよねえ(笑)。

Cocolog120511

2012年5月 9日 (水)

【小説】いつか想いが届くまで

 人の魂を地獄へ送ると言われている神がいる。死を司り、狙われたら逃げる事は出来ない。そんな神がいる。人はその神を死神と呼んでいた。

死神達は常に孤独だった。誰かに愛されることもなく褒められることもなく与えられた仕事を淡々とこなしていく。天界に上っていく魂を邪魔して狩り、地獄へ落す。
時には生きている人間にもその眼が行くとも言われ恐れられていた。
しかしここに少し毛色の違う死神がいた。
彼の仕事は少々特殊だった。
ある条件を満たした魂しか狩らない。
彼に狩られた魂は決して地獄へ落ちる事は無い。
天界で大切に扱われるのだ。
そして今日も人間達の魂を狩るために地上へとやってきた。
大きな三日月形の鎌を持つ代わりに真っ白な羽根で出来た網を持っていた。フードを目深に被り夜の闇へと溶け込む。

闇が濃ければ濃いほど彼の持つ網は鮮やかだ。
良く見ると彼のフードの胸元には白い天使の羽が施されていた。これは天使の使いの標。
天使から与えられた仕事だけをするのだが、何故彼は死神として魂を狩っているのか。
狩るというより網で掬っている。
彼はある特定の魂だけを掬う。他のモノには見向きもしない。
感情の無い眼。今宵は月明かりが眩しい。

今宵は満月だったのか。こんな日は自分の出る幕はない。死より生が強い今宵は時を持て余すだろう。誕生が無ければ肉体を持たない魂もこの世界から無くなる。誕生が無ければ自分の仕事は無いのだ。
ふと彼の纏う空気が緩んだ。そう見えただけかもしれない。仕事の無い日はいつもなら地上に長居はしない。

しかし今夜だけは違った。
誕生する魂を横目で見ながら月明かりの下を漂うように散歩する。
彼の顔に特別な感情は無いように見えた。
孤独な運命を渡されてから心に重い蓋をして死した魂を狩る。
それが与えられた仕事。ただ今宵はちょっとした神のいたずらだったのかもしれない。
気まぐれな神は彼にも平等に気まぐれだった。

気付けば満潮の海に来ていた。波に月の光が反射して美しい。何と自分に不釣り合いな場所なのか。波に映った光を網で掬ってみた。
にじんだ光は波に不鮮明になるだけだった。
月明かりに眩しさを感じながら波の上を漂う。
生の勢いに少々目眩がする。岩場の陰で一休みをしよう。岩の上に佇む彼は自分の立っている岩の下に何かを見つけた。
風に揺れている可憐は薄紅色の一輪の花。
僅かな隙間にひっそりと咲いていた。
花の名は何と言うのだろう。
自分の狩っている魂と同じ色。
そんな花を見ていると遠い昔を思い出す。

ずっとずっと昔彼にも大事な愛しい少女がいた。
人間だったあの頃。ずっと見守ってきた。瞳の大きな可愛らしい少女だった。
いつまでも傍で笑っていられると思っていたのにそれは叶わぬ夢となってしまった。
その少女と出会ったのは彼が5歳の時だった。
玄関前に置き去りにされていた赤ん坊。それが少女との出会い。
その時から一緒に過ごしてきた。本当の妹のように思っていた。
彼女の成長が楽しみだった。手を繋いでよく湖に散歩に出かけたりもした。
自然が大好きで花が大好きな普通の女の子。
彼女が成長するにつれ、些細なことで喧嘩もした。
喧嘩の原因はいつも他愛のない事だった。
喧嘩をしても時間が経てば仲直りをしていた仲の良い二人。

その日も同じように始まった兄妹喧嘩。
少女は家を泣きながら飛び出して行った。
いつものようにすぐに帰って来るだろうとあまり気にしていなかった。
しかし少女はその日に限っていつまで経っても帰って来ない。
さすがに心配になり探しに出かけるが見つからなかった。
幼い頃よく散歩に出かけた湖に足を向けた。
湖の畔には少女の片方だけの靴と足を滑らせて湖に落ちた後だけが残されていた。泣いていたため足元が疎かになっていたのだろうか。
慌てて湖に飛び込み少女を探したが見つからない。
数日後湖で浮いている少女が見つかった。もう二度と目を開ける事は無かった。
それは少女の笑顔を見る事が出来なくなってしまった事を意味する。
少女の身体を抱きかかえ天に向かって叫ぶ。
「神様どうかこの少女の魂を連れて行ってください。たった15年しか生きられなかった。私に出来る償いがあるなら何でもします。この少女をどうか・・・。お願いします」
一心に願った。後悔しても自分を責め立てても少女は還って来ない。
自分はどうなっても良い。彼女が天界へ行けるなら。

そんなことを思い出していた彼は我に返った。
今宵は長居しすぎた。何故いつもと違う行動を取ったのか分からない。これが神のいたずらだったのかもしれない。
死んだはずの心が痛んだ。忘れたくても忘れられなくて無理やりに封印してしまった心が少しほころび始めてしまった。
恨まれていると思う。もっと生きたかっただろう。それを兄である自分が奪ってしまったのだから。何故あの時追いかけなかったのだろう。何故もっと早く探しに行かなかったのだろう。悔しくて自分が許せなくて、何度も何度も心の中で少女に謝り続けた。
少女と同じ色の魂を狩り、天界に上げる。天界には狩られた魂が大切に保管されている。
再び新しい誕生へと向かうために。
少女と同じようでいて違う魂は幾度となく誕生を迎えた。
自分が奪ってしまった少女の魂の傷はまだ癒せない。せめてもの罪滅ぼしにと同じ色の魂を彼は狩る。いつ終わるとも知れない仕事を延々と続ける。
少女は許してくれるだろうか。自分勝手な心は許されることを望んでしまう。
一度ほころび始めた感情はどんどんあの時の気持ちを溢れさせる。
岩の下で揺れる花を見ながらいつの間にか頬を流れる熱いものにも気付かない。

一心に神に祈ったあの時。突然目の前が真っ白な光に包まれそのまま気を失った。
ふわふわと漂う光の波に身を任せ夢を見ていた。自分の目の前に天使がいる。
『この少女は不幸な事故にあった。少女の魂は貰い受けよう。これほどまでに美しい魂は見たことがない。それはあなたが注いだ愛情によるものだよ。それだけは誇りに思うが良い。自分が許せないと言うのなら私の与える仕事をするか?二度と人には戻れない。それでも良いと言うのならこの少女と同じ色の魂を死神となって狩ってくるのだ。
あなたの狩った魂はこの少女の元へと届けられる。少女が自分の死を認め何もかも受け入れる時までそれは続く。それでも?』
人で居る事に何の未練もなかった。少女がいない世界に何の意味があるのだろう。
二つ返事でその仕事を引き受けた。
あれからいったいどのくらいの年月が流れたのかもうすでに分からない。10年経ったのか100年経ったのか。妹はまだ何かを迷っているのだろう。突然訪れた自分の死を受け入れられず苦しんでいるのかもしれない。
自分が泣いても少女は救われない。
今夜は満月。生への力が強い。それに影響されたのか、彼の心は少女の心を追いかける。
そして月に祈る。
『早く少女の魂が安らかな時を向かえます様に。彼女の笑顔をもう一度見たいのです。私の事を覚えていなくても良い。むしろ忘れてしまった方が良いのかもしれない。』岩の上に両膝を付き項垂れて涙を流した。
どれほどの時間が経ったのか。ほんの一瞬だったかもしれない。
目を開けるとそこには薄紅色の花が儚げに咲いている。まるで少女のように。
風に揺れているだけで何も語ってはくれない。
ただそこに存在するだけだ。

そろそろ帰らねば夜が明けてしまう。
こんなに長居をしてしまったことは初めてだった。
気ままな神のいたずらに付き合うのも偶には良いかもしれない。自分を振り返り戒めるためには。
再び心に重い蓋をしてその表情を隠し、いつもの死神としての彼がそこにはいる。
彼はその場から踵を返す。
彼の消えた後には一輪の可憐な花が風に揺れていた。
まるで何事もなかったように元の静寂がそこにあるだけだった。

彼は薄紅色の魂を探し出しそれを狩る。
狩られた魂は少女の元へ送られ再び新しい命として生き返る。
送られた魂は彼の心となって少女に届けられ、
転生された新しい命は彼女の魂を少しずつ癒
していく。そう教えられた。

これからも彼は薄紅色の魂を狩る。永遠ともいえる時間の中で。
いつか少女の魂が安らぎを覚え満たされることを願ってやまない。

『兄さん、私は兄さんを恨んでないか無い。兄さんは十分苦しんだわ。もう私から解放されても良いと思う。ねえ、聞こえる?私はもう十分に癒されたの。最初は戸惑ったけれど、兄さんを恨んだりした事無かった。早く私の声を聞いて。ずっと呼びかけてるのよ。もう苦しまないで』

心を閉ざしたままでは聞く事の出来ない声無き声。
この少女の声を聞きとらない限り彼は今のまま。
癒されないのは彼の心。傷ついて傷がふさがらないのは彼の方。
少女は今日も呼びかける。
『兄さん、もう苦しまないで』
『早く私の声に気付いて』と。
                了
                          2010年7月13日

********
こんなの書いてたんですねえ。
こっ恥ずかしい(^_^;)。
これ多分ここが初出かな。
改行等読みにくい所は後々修正します。

2012年5月 5日 (土)

成人式の前撮り

先月二十歳を迎えた長女は来年成人式です。
最近ではかなり前からいろいろな着物を取り扱う店から電話やらDMがわんさかとやってきてうんざりするくらい。
直前になると気に入った柄がなくなるだの美容院の予約が取れないとかいろいろ言われます。

長女の着物はレンタルにしました。
それも去年どの着物にするか決めて今日が写真の前撮りの日。
約束の時間にスタジオに行くとすでに写真を撮っている子、頭とメイクをセットして着付けの順番を待っている子、撮影を終わり写真選びをしている子と居りました。

頭をセットして貰い顔も綺麗にメイクをして貰い着付けをし終わるまで1時間。
撮影に40分。写真選びにもそのくらい。
半日がかりでやっと終わりました。

写真選びまで5分ほどあるためみんなその時間はスタジオを出て廊下の広くなっている場所で自分のデジカメで撮影をします。
さすがにスタジオ内は撮影禁止。

Cocolog120505a
廊下で撮った写真です。
当日は近所の美容院での着付けやヘアメイクなので今日とは違う感じになると思われます。

Cocolog120505b
普段は絶対に着ないピンク。緑の射し色が良いなあと思って決めました。

帰りに少し寄り道。
前々から気になって居た場所へ。
そこは「ようこそ聖地へ」などと書かれた看板や、あぁ、その手の人達ねと思われる人々が道を歩いておりました。

そこは「けいおん!」の舞台で有名になってしまった小学校の旧校舎。
どうやらイベントがあるんだかあったんだかで人だかり。
とっとと通り過ぎましたが、思ったより綺麗な校舎でした。
道行く人は背中にリュック。
たまにアニメそっくりな制服姿の女の子。
対向車にイタ車。いや、可愛いんだけどね。
とてもじゃないけど中には入れません。
ブームが去った(去る可能性があるか知りませんが)暁にはまた旧校舎をゆっくり見てみたいなあとは思います。
校舎内はどんなかなあと。

そんなこんなで休日も残り1日となりました。
明日は末っ子君の上靴を買いに行かないと。

2012年5月 4日 (金)

古代エジプトトリックアート展

近所の大型店舗内で「古代エジプトアートトリック展」が開催されていたので行ってきました。
入場料350円ですが、50円引きのチラシを持って行ったので、というか展示場の外に置いてあったのを持って行っただけですが、300円で入場しました。

Cocolog120504a_2 平面に書かれた絵ですが写真に撮ってみると実際に握手しているように見えますよね。

Cocolog120504b 実際の階段は濃い茶色の一段目だけ。後は絵です。

Cocolog120504c 大変です。馬に潰されそうです。

Cocolog120504d 危ない!船の先端が迫ってきています。

Cocolog120504e 落ちないように細い木の上にある千円札を拾わないと

Cocolog120504f しっかり押さえないとホルス神に捕まってしまいます。

Cocolog120504g ラムセス2世像が崩壊してぶつかってきました。

Cocolog120504h 蹴られてしまいました。

ざっとこのような絵が飾られていました。
携帯の画像なのであまり良くないですねえ。
デジカメ忘れちゃったんですよね。

写真にとって初めて一つのアートになるので面白かったです。
数人で出かけてお互い写真を取り合うのがベストです。
絵を見てるだけじゃ分からないしポーズを取るにしても写真を見ないとどうなってるのか分からないし。

他にも移動すると視線も顔の向きも変わるというのもありましたし、前後に動くと絵が回るように見えるというのもありました。
もう一度行ってもいいなあと思う展示でした。

2012年5月 3日 (木)

5月になりました

ゴールデンウィークとは言うものの学校は1日2日と通常通りにあります。
カレンダー的には先月28日から3連休で2日間学校。3日から4連休ということですね。

この時期小学校は家庭訪問です。
我が家は昨日ありました。
いつも家庭訪問て必要なのか?と疑問です。
いったい何しに来るの?と思うのですがいまだに分かりません(^^ゞ。
だいたい新学期始まってから一度も担任を見た事がないので顔すら知らない場合がほとんどですし。
今年の担任は勉強面や友達関係の事を聞いてきました。
一日の勉強時間やら特定の仲の良い友達の名前とか。

よその同級生のママさんに聞いた所、フローティングスクールで気を付けて欲しい事は何かを聞いてきたそうな。
クラスが違うのでこれまた担任の名前を聞いても顔は知りません。
フローティングスクールは5年生になるとどの学校でもあるのですが、琵琶湖上で船で一泊するというものです。
もともと私は愛知の人間なので初めてこれを聞いた時はさすが琵琶湖だぜと思いました。
で、それがいつあるのか?というと知りません。

そうそう連休明けには田植え体験もあります。
収穫したら給食の時間におにぎりを作って食べるんです。

ゴールデンウィークはどこ行っても混雑してるんだろうなあ。

ブログ横に「人気記事ランキング」を設置してみました。
1位は京都水族館の感想です。これぶっちぎりの1位です。
何せアクセス数のほとんどがこれですから。
参考になってるのやらなってないのやら(笑)。
私的には書きもののアクセス数を増やしたいなあ。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »