リンク

« 身近な物の重さ | トップページ | 無防備… »

2012年6月15日 (金)

6歳未満の臓器提供

ニュースで6歳未満の子が脳死し、臓器提供すると聞いた時まず頭に浮かんだのは脳死になった原因だった。
病気で内科的要因だったのか外傷性だったのか…。
けれどもそれには一切触れていないので分からなかった。

子どもの臓器提供は虐待で脳死に至った場合は無理らしい。
何故だろう。
証拠がなくなるからか?
後で調べたら出てくるのかな。

で、臓器提供の話に戻るが、子どもを持つ親なら少なからず誰でも思ったかもしれない疑問。
我が子が脳死に至ったら臓器提供出来るか。

例えば最近は健康保険カードの裏や、自動車免許の裏などに自分が脳死に至った場合臓器提供するかどうかの有無を書く欄が出来ている。

自動車免許を持つ年齢ならば本人に従おうと思うけれど、まだ10才の末っ子君の場合どうだろうと考えたりもするのだ。

臓器提供そのものには反対する気持ちは無い。
私自身が脳死に至った場合、使える臓器があるならばごっそりどうぞと思っているくらいだし。

ただまず、我が子の脳死と言う状態を認められるかどうかが難しいと思う。
子どもは脳死状態でも回復する力が大人より強いと聞いた後は特に。
24時間後は脳死だったとしても25時間後もしかしたら、と考えてしまうと思う。

そういう意味で脳死を認めたご両親はある意味冷めてるなと思ったのは確かだ。
訳の分からない違和感を覚える。
どうもしっくりこないのだ。webページに飛びます

私の母は臓器提供している。
それは移植のためではなく今後の医療の研究のためだった。
なので心臓が止まってしまうまで、本来の死を認めたうえでの提供だったためそれほどの抵抗はなかった。
原因不明と言われていた物が今後提供することによって役に立てばいいとも思った。

でも脳死の場合心臓は動いている。
ただもしかしたら人工呼吸器はつけていたかもしれない。
正直この状態の姿は見ている方が辛い。
無理やり空気を身体に入れ呼吸をさせられているのだから。

生を受けて数年ならなおさら小さな体に幾つもの管を入れられ人工呼吸器を付けられている姿が目に浮かぶ。
本人の意識レベルもかなり低いとも思う。

それでも一縷の望みにかけてしまうのではないだろうかと私ならそうしてしまう。

まずは脳死を認めるという作業で立ち止っている自分しか思い浮かべられない。
自分の子が第2の生として生きて行くにしても死を認めないければならない。

果たして自分は我が子の脳死を認められるだろうか。

ただ私自身の延命処置はいらないと思っているので脳死で臓器提供は抵抗は無いのだけれど。

*****

検索した結果、脳死に至った原因が書かれた記事を見つけました。(6/18)
男児は事故で低酸素性脳症 富山大経緯説明
<6歳未満脳死>富山大病院 臓器提供の経緯などを説明

« 身近な物の重さ | トップページ | 無防備… »

ニュース」カテゴリの記事

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6歳未満の臓器提供:

« 身近な物の重さ | トップページ | 無防備… »