リンク

« 【小説】ホタルのいる川 | トップページ | 身近な物の重さ »

2012年6月11日 (月)

珍客のその後

午前中に玄関の壁に居たホタルですが、結局夜の7時になってもそのまま居ました。

水分が無くて大丈夫かなあと思い砂糖水を浸みこませたコットンの上に乗せてやるとお尻が光り始めました。
取りあえず生きていたようです。

Cocolog120611b

飛ぶ元気は無いのかな。
いつまでもここに居てもなあと思い、庭の木の上に止まらせようとしたけれど落ちちゃうので花壇の所にこのコットンごと置いておくことにしました。

触れると強い光を放つホタル。
後何日生きているのかな。

Cocolog120611c 見にくいですが末っ子君の腕によじ登っているホタル。
この後、再びコットンの上に乗せしばらく様子見。
10時前に見に行った時はまだ光っていました。
11時20分ごろも光っていました。

ただ風が冷たいし川から少し離れているし大丈夫か心配ではあります。

« 【小説】ホタルのいる川 | トップページ | 身近な物の重さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

蛍かぁ 最近見てないや
私の子供のころは周りの田んぼにたくさん飛んでたのにな
農薬で居なくなったのかな・・・

pooさん

私自身ホタルを見たのは小6以来です。
大人になって間近に見られるとは思っていませんでした。
ただ近所の人に言わせると「多賀に行くと箒を振り回すとたくさん取れるで」らしいです(笑)。

居る所には居るんですね。
夜近くの川を見たらもしかしたらいるかもしれませんよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珍客のその後:

« 【小説】ホタルのいる川 | トップページ | 身近な物の重さ »