リンク

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

暑いです

毎日毎日本当に連日、暑い!
言葉にするのも暑苦しいくらい暑い!

吹く風もぬくい。
琵琶湖で多少は冷めているのかもしれないけれどぬくいし、最近あまり風も無いような…。

今日で7月がおしまいなんですねえ。
知らない間に。

夏休みというのはかえって忙しい。
家の中は騒がしい。
小学生の末っ子君にいかにじっとして宿題をさせるか、それが目下の私の課題であります。

女の子と違ってまずじっと座っていられる時間が少ない。
ゲームをする時は別なのに。

プリントの課題、自由工作、自由研究、自主学習ノート。
まあ、いろいろ出ております。

気を付けなければいけないのは始業式。
8月28日なんだよね。忘れそう。
毎年思う。何でこんな中途半端な日にちにするんだか。

早く学校へ行ってくれるのは良いのだけれど…。

ちなみに次女の高校は夏の甲子園には行けませんでした。
行くとなったらそれはそれで大変な訳で。
何故か地区予選の開会式と閉会式に演奏していたのだった。

2012年7月29日 (日)

新しい洗濯機がやってきた

我が家の洗濯機が新しくなりました。
ドラム型の乾燥機付きの洗濯機を使っていたのですが、先日突然エラー表示。
取り扱い説明書には書かれていないのでネットで検索。

どうやら修理に出さなくてはいけないようででも修理した人の話だとまた同じ所が悪くなると書いてったり。
修理代が勿体ないかなあと言う事で思い切って新しくしました。

5年保証期間を1ヶ月ほど過ぎていたので修理しても有償だし、、、。
結局保証期間を過ぎてから壊れるように出来てるんだ。
きっとそうなんだ。
それまでは全然大丈夫だったんだから。

だいたい私は家電は目標使用期間10年なんだい。
冷蔵庫だろうがテレビだろうが、、、。

我が家に来た洗濯機は酷使されてるのは確かなんだけども。

明日から真新しい洗濯機での洗濯です。
取りあえず洗剤と柔軟剤を入れて標準コースですかね。

毎日暑いです。
洗濯物はカリっと乾いてくれて良いのだけど身体がついていきませんね。

2012年7月28日 (土)

鳥人間コンテスト1日目

数年ぶりに鳥人間コンテストに行ってきました。
暑くなるのを見越して午前中に会場まで行ってきたのですがその時点で30度を超えていたようです。

日射しは暑いけれどまだ風が気持ち良かった午前中。
お昼前にはかなり暑くなってきました。
木陰に居てわりと涼しい思いをしていましたがいざ帰ろうと車までの道のりはぶっ倒れそうなくらい暑くて大変でした。
照り返しがキツイ。

Cocolog120728a この日差しで午前9時過ぎです。

Cocolog120728b トイレの場所が書かれたマップ。

Cocolog120728c 滑空機部門のこれから飛ぶ機体。順番待ちです。

Cocolog120728d 間寛平ちゃんが乗る滑空機。

Cocolog120728e収録中?の寛平ちゃんです。

Cocolog120728f_2そっくりですよねえ。

この機体が飛ぶ所は見ずに帰ってきました。
テレビだと次から次へ飛んでいますが、実際は違います。
1機飛ぶのに20~30分ほどかかります。
お昼だし気温も上がって干からびそうだったので帰宅しました。

飛んでいる機体の写真もありますがどこまでブログに載せていいのか分からないので気になる方は8月27日にテレビ放送しますのでそちらをどうぞ。

2012年7月27日 (金)

アツダル…

暑い

だるい

眠い

ただそれだけ。

Cocolog120727a

2012年7月24日 (火)

いじめを受けている親御さんへ

ネットの記事を徘徊しているといろいろな情報が落ちている。
それが100%真実か?と言えばNOである。
それを踏まえていろいろ読んでいるとやはり片手落ちの記事が多い。

で、今日も最近めっきり少なくなった大津事件の記事を探す。
記事が無くなり世間で忘れられてはいけないのだ。
いじめは決してなくならないと思う。
今現在も加害者被害者が居るのだから。

で、参考までに覚えておくといいかも?と思う記事を見つけたのでリンクしておきます。

親一人で学校にいじめ相談してもモンスターペアレント扱いも

(抜粋)
 「私が相談を受けたケースでは、運よく担任の先生が必死になって対応してくれたとしても、校長先生の段階で握りつぶされることのほうが多い。また、担任が対応を誤ると、いじめた生徒に注意したことが“チクった”と思われて、いじめがエスカレートする危険もあります」

 なかにはそれで恐喝され、お金を渡さざるを得なくなったケースや、学校側が生徒たちに口止めをして、証言がとれなくなることもあるという。

 大津のいじめ自殺でも、「担任への相談」が悲劇を招いている。

 手順としては、担任の教師に相談するより前に、保護者の中で親身になってくれる協力者を見つけるのが先だ。協力者と一緒に子供たちから話を聞いて、どんないじめがあったか、客観的事実を書面にしてまとめておくのだ子ども未来法律事務所:弁護士・徳岡宏一朗さん談

やっぱり学校は頼りに出来ないということですね。
というか頼りにするなってことでしょうか。

うちの末っ子がある問題児に胸倉を掴まれたことがあります。
ただその子の傍を通りがかっただけで。
面識はありませんでした。この件でこんな子がいたんだと認識したくらいです。
別に怪我も無くいじめということも全くなく、ただそれだけで済んだ事でした。
その時の学校の対応があたふたとして余裕がなく、担任も説明するのに一所懸命でこちらの質問を受けられないくらいに切羽詰まった印象。
これでは本当にいじめが起こった場合対応は無理だと思います。
何に対してあたふたしていたんだか知りませんが、全く対応力の無さを暴露していましたね。

どの学校も同じようなものなのかもしれません。

もしいじめを受けている子がいたなら「いじめを受けている事は恥ずかしいことではない」ということを教えてあげたい。
恥ずべきはいじめをする方なのだよ。

いじめをする原因に親子関係の希薄さがあるようです。
乳幼児期に育児放棄等母親を信用できない事があると子どもも母親を拒絶するようです。
愛情不足から不安定な精神状態で幼児期を過ごしそれが思春期に爆発するのかなあ。

いじめをする子は1対1ではないですよねえ。
必ず数人で一人をターゲットにする。
つまり一人では何も行動を起こせない子ってことでしょう。

恐喝暴力脅し。犯罪を犯す子に育てた保護者もその責任を負うべきですよね。

2012年7月22日 (日)

Newゆるキャラ?

何やら店の中にあるセンター街に人だかり。
2階から見降ろしてみればゆるキャラ達が舞台の上に。

司会者が名前を言っていたけれど分からん。。。
それが下の写真です。

Cocolog120722a Cocolog120722b Cocolog120722c Cocolog120722e Cocolog120722f_2 果たしてこれらは人気が出るのやら?
あ、前列の頭のでかいビーバーはビバッチェ君と言ってこの店のゆるキャラです。

2012年7月19日 (木)

いじめか遊びか犯罪か

友達同士で遊んでいる時でも相手が嫌がって泣いてしまうということは多々あると思うし、そう言う経験をしながら大人になって行く事は必要だと思う。

小さい子はおもちゃの取り合いをし、挙句の果てにたたき合いのけんかに発展!なんてこともある。
それが悪いことだとは思わない。
ただ行き過ぎてしまう前に母親なり大人が、仲裁に入ってお互いを納得させ仲良く遊ばせることは必要。
子どもはそれを経験として身につける。
一つの物をお互い使いたいと思っていても譲る事も必要なんだなということを体験させる。
そうすると自分が使い終わった後友達にどうぞと渡せることも出来る子になってくる。

母親は「子を守ろう」という気持ちが働き、子どもも守られている環境で安心して遊ぶ。
叩いてしまってごめんなさい。叩かれたら痛いんだ。自分の思い通りにいかない時もあるんだ。一つしかない物はお互い譲り合って使おう。
友達同士で遊ぶと言う事はこう言う事を自然に学んでいくのだと思う。

そういう経験が無かったとしたら?
小さい頃から英才教育だと言って塾や習いごとばかりいかせ、そういう事をしていなくても「友達同士でかけねなく遊ぶ」と言う経験が無かったら?

確かにお勉強は出来てテストの点数は良いかもしれないけれど友達の居ない子にならないだろうか。
ただでさえ狭い世界で生きている子ども達にとって社会不適合な子と一緒に遊ぶ術は持っていないだろう。

はじかれた子はどうなる?
自分に気を惹こうとして相手を叩いたり蹴ったりして自分に気持ちを向かわせようとする子も実際にいるのだ。
それで小学校から中学校へあがる時「この子とはトラブルばかりなので同じクラスにしないでください」と申し入れをすることになる。
中学校側はそれを受け入れざるを得ないのでその通りになるのだ。
これ実際の話。

今回の大津のいじめ事件を考える。
加害者のやって居た事は犯罪です。
学校内だから「いじめ」という隠ぺいされる言葉ので片づけられてしまう。
「いじめ」という「犯罪」を見かけた生徒達は110番はしないし、先生も見て見ぬふり。
教師が犯罪を「遊び」だの「けんか」だのと言っているのだから子ども達ではどうしようも出来ないのだ。

本来なら教師が「これは遊びでは無いし喧嘩とも認められない。世間に出たら立派な犯罪行為に値するのでやめなさい」というべきなのだ。
見逃すから加害者側は「自分達は何をしても許される」というバカな勘違いをする。

自分の犯した罪は償う。今回はそれを分からせなければならない。
この事件を風化させてはいけない。

教師は子ども達に教えを導く者としてもっとしっかりして欲しい。
子ども達に蔑まされる人格ではダメなのだ。
「この人に何言っても無駄」という気持ちを子ども達に思わせているようでは教師失格だし、そんな教師に子どもを安心して預けられるはずが無い。

今後いじめを解決出来ない教師は教師の資質無しとでもしたら?とも思う。
それとも「いじめ見はり隊」と称した警備員でも学校に配備しますか?
そのくらいしないと今のいじめは解決出来ない事が多すぎです。

学校が「いじめ」と「犯罪」の区別が出来ないのだから仕方ないよね。

2012年7月17日 (火)

梅雨明けしました

梅雨明けしたらしい。
え?いつの間に?って感じですがいきなり暑いです。
暑いでは言い足りないくらいあっついんです。
それしかない一日でした。

そんな中で、京都の祇園祭はクライマックスを迎え大津では中学生がいじめで自殺した事件の口頭弁論が行われていました。

両方ともメディアを通してでしか分かりませんが京都の人出はすごいなあと思い、大津では少しは被害者の声を聞いて貰えたのかなとも思い…。

私個人的には夕方4時前に小学校へ懇談へ出かけました。
太陽はそれこそ殺人的でしたね。
紫外線アレルギーのある私には辛いです。
医者には太陽に当たるなと言われますがそんな事どうやって?

出かける前に日焼け止めをぬるくらいしか予防策が無いんですよね。
帽子に日傘は必需品ですが、自転車では帽子だけ。
とにかく紫外線の強い6月から10月くらいまで大変なんです。

大津の加害者は罪を認めてないですね。
背後には権力をかさに来た保護者の影がうかがえます。

「絶対否定しなさいよ!」くらいは言ってそうです。

この問題は出来るだけ追って行きたいと思っています。

あ、デヴィ夫人のブログで面白い事してます。
ブログでは思った事を書けないので(消されてしまうので)メールマガジンを1週間限定で立ちあげたようです。
興味のある方は登録してみてはいかがでしょう。
私は早速登録させていただきました。
夫人の名前にリンクを張って置きますのでどうぞ(^o^)。

2012年7月15日 (日)

自宅で花火大会

14日に近所で花火大会がありました。
自宅のバルコニーで見学。
途中スコールのような雨が降ったかと思ったらピタと止んだりとおかしな天気でした。

長女は近くまで見に行くと出かけましたがこの雨で早々に帰宅。
帰りにコンビニによって何やらスイーツを買ってきたようです。

花火って撮影難しいですね。
何かコツがあるんでしょうか、うまく取れません(^_^;)。

Cocolog120715a 何に見えますか?トマト?柿?

Cocolog120715b 観覧車みたい。

Cocolog120715c このくらい明るいとはっきり映ってます。

Cocolog120715d 屋根で下の方は映ってませんが連続で打ち上げてました。

Cocolog120715e 先に打ち上げられた光が鳥の足のようにもススキのようにも見えます。

毎年ここの花火大会が一番最初に行われていたのですが今年は市内で3つの花火大会が重なっていました。
なので遠くの方でも花火の打ち上げられる音が聞こえてきました。
こじんまりした花火が多かったなあ。

2012年7月13日 (金)

一輪の花プラスその後

2つ目のねじ花なんですが、綺麗に咲ききりました。
取りあえず踏まれることなく上まで花を咲かせたようです。

Cocolog120713a 良く見るとまだ上に蕾があるようです。

Cocolog120713b 下の方が少し萎れかけてますねえ。
結構長い期間花を楽しませてくれるねじ花。
来年は咲いてくれるのかなあ??

何ほざいとんねんこのおっさん(怒)

大津市の中学校での大問題。
教育委員長とやらは何をほざいているのかね。

怒りマーーーーーックス!の記事は下記。
Webページにもリンクしてありますし、今までのニュースも纏めてあります。

『「訴訟続けたい。本人も家庭も調査すべき」大津市教育長 和解意向の市長と対立』

 大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺したのはいじめが原因として、男子の両親が市や同級生などに損害賠償を求めた訴訟について、市の澤村憲次教育長は13日午前、市役所で記者会見し、「訴訟は続けたい」と明言した。越直美市長は和解の意向を示しており、市と市教委で、正反対の見解が示された。17日に大津地裁で第2回口頭弁論が開かれる。

 訴訟を続ける理由について、澤村教育長は「学校については(市教委が)一定の調査をしたが、本人や家庭のことも明らかにされていくべきだ」と説明した。

 全校生徒を対象として実施した学校のアンケートなどをもとに市教委が一定の調査をしたため、ほかの要因についても検討すべきだとの考えを示した。

 澤村教育長は12日の記者会見では、自殺の原因ついて「いじめがその一つになるとは考えられる」と述べ、初めていじめと関連する可能性を認めた。ただ、「家庭などさまざまな要因が考えられ、いじめだけが原因かどうかは判断できない」とも述べていた。

 一方、越市長は6日、いじめ問題で外部委員会による再調査を行うことを表明し、10日夜の記者会見では「私自身は、いじめがあったからこそ男子生徒が亡くなったと思っている」と発言。「完全に市教委の調査はずさんだったとわかった。今から調査し、しっかり事実確認できなかった場合は、大津市が責任をとって和解したい」と述べていた。

**********
このおっさん、教育関係者の資格ゼロ!よりもマイナス!
今までも腹の立つ発言を多数見てきたけれど何なん?
本当に人の心持ってる人間なん?
13歳の幼い命が亡くなってるのは他人事か??
保身ばっかりに走ってんじゃねえよ、全く。

本人もって何や?本人もって。
自殺した子が悪いってことか?

そこまで追い込んだ加害者のことは責めんのか??

何を加害者側に立っとんねん。
裏で何が動いてんねん。

こんなおっさんが教育長かよ。
だったら教育委員会なんて無くしてまえ!
どんだけ死を冒とくすれば気が済むねん。
いい加減にさらせ。

表情が気持ち悪いねん。
そんな印象受ける悪魔が教育者のトップかよ。

学校が腐るのも無理ないか。
こんなのが教育長なんだからな。
全国的にみんなこんなのばっかか?

もともと腐ってるなとは思っていたけどここまで腐敗していたとは。

この上記の記事(訴訟続行)に賛成出来る人の意見を聞きたわ。
けど不愉快になるから聞く耳持たんけどな(笑)。

あ、取り乱してしもた。
冷静にいかなあかん。冷静に。。。

息を~
吸ってえ~  吐いて~。

よっしゃ、落ち着いたわ。

2012年7月10日 (火)

暑くてぐったりです

ここ2日ばかりくわーっと暑いです。

我が家のシルクにゃん丸刈り~たから2週間ちょっと経ちました。
最初は地肌のピンクが見えていて「鶏肉だ~」「かしわやかしわ」などと言っておりましたが最近はピンクから白へと変貌してきました。

あぁ、毛が伸びるの速いよ。

Cocolog120710a暑いのに日の当たる所にいて…。
ライオンの尻尾はまだ健在です(笑)。

そのうち靴下の境目が分からなくなり毛が伸びるにつれ顔とのバランスが取れてきて尻尾もわさ~っとしてきます。

丸刈り~たの方が評判いいのになあ。

2012年7月 9日 (月)

【小説】暑中見舞い

 暑中お見舞い申し上げます、そう書かれた1通の葉書が今年も舞い込んできた。
年々年賀状すら書かない人も多くなる中毎年律儀にこの時期に送られてくる。
少し癖のある綺麗な字。私は彼の書く字が好きだった。
学生の頃「字だけじゃなくて僕も好きになってよ」と冗談でよく言われた。

彼にとっては冗談だったけれど私は本気だった。本気で彼が好きだった。
彼の傍にはいつも可愛い女の子が寄り添っていた。
そんな人に自分の気持ちを言えず、そのままそれぞれの進路に従い自然と離れ離れになってしまった。

私は就職を期に独り暮らしを始めたけど、新しい住所は友達にも教えていない。
それなのに届く暑中見舞い。もう今年で5枚目。
これは一人暮らしを始めてから同じ数。
本人に聞けば良いのに私からは一切連絡をしていない。
こんな葉書が来るから忘れかけていた感情が呼び覚まされる。
気付いてはいけない。忘れなければならない。
もしかしたら結婚しているかもしれない。可愛い子どもがいるかもしれない。
そう思うと私からは連絡を取る事が出来ないでいた。

そして今年も届いた私の好きだった字で書かれた暑中見舞い。
捨てられずまた一枚増えた彼からの葉書。
葉書がきて初めての休日、気分転換も兼ねて買い物へ出かけた。
歩道橋の向こうから見知った人物が歩いてくるのが見え足を止めた。
夏服ばかりの人の中で白い長そでのワイシャツをひじの下まで捲りあげている。仕事の途中なのだろうか。どんどん距離が近づいてくる。
とうとうその人物が私の前で立ち止まった。

「久しぶりだね。元気そうで良かった」

そう言った彼は最後に見たときより大人びてでも笑顔はそのままで。
やっとの思いで「久しぶり」と小さな声で答えた。
つい左手の薬指に視線が行ってしまう。
細いシルバーリングが光る。
「あ、結婚した?」それを言うのがやっと。今にも溢れそうな涙を必死で耐えた。
「結婚はしてないよ。好きな子はいるけどね、なかなか振り向いて貰えなくて。
その子に僕の書く字が好きって言われたから毎年暑中見舞いを出すんだけど梨のつぶて。諦めた方が良いのかな?」
堪えていた涙がうれし涙に変わった瞬間だった。

***********
三題話のお題:「夏真っ盛り」「橋」「夏服の人」 800字程度で。
という限定された中で書いたものです。今は無きテキスポより。

2012年7月 8日 (日)

一輪の花プラス

3日にねじ花が一輪咲いたことを書いたのですが、昨日また見つけました。

Cocolog120708a これが3日と同じ花です。もう少しで満開?
下から咲いていくんですね、不思議。

Cocolog120708b これが昨日見つけた花です。
毎日ここを通っていたはずなのに全く昨日まで見つけられませんでした。
種がどこからか飛んできたのかなあ。
近所で咲いてるのを見た事がないけれど。
小さいと言うか見逃しやすい花なので私が知らなかっただけかも。

2012年7月 5日 (木)

大津でいじめ、自殺(記事追加)

<今後この記事は追加修正する可能性が高いです>

何だかいたたまれないですね。
大津でいじめがありいじめられていた子は自殺。
いじめの内容は「自殺の練習」をさせられていたとか。

今日現在の一番新しいニュース。2012年7月5日(木)14時15分配信 読売新聞より。

『自殺練習、「先生が見ぬふり」の回答を公表せず』

大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が飛び降り自殺した問題で、自殺直後の全校生徒アンケートで「教諭らが見て見ぬふりをしていた」などとする回答が計15件あったことがわかった。

 いじめを学校側が放置していた可能性を示すこうした回答についても市教育委員会は公表しておらず、市教委は読売新聞の取材に「具体的な記述がなく、事実確認できなかったため」と説明している。

 15件はいずれも伝聞による内容。記名が7件で、「(先生も)怖くて言えなかったらしい」「担任の先生もいじめのことを知っていたのに一度しか注意しなかった」などと書かれていた。無記名は8件で、「一度、先生は注意したが、その後は一緒に笑っていた」「何回も自殺の練習をさせられていた。先生に相談したけど何もしてくれなかった」「(男子生徒は)泣きながら電話で言ったそうですが、あまり対応してくれなかった」などとしていた。

 一方、男子生徒が同級生から暴行などのいじめを受けたことについて、父親(46)が自殺直後から昨年末にかけて計3回、大津署に被害届を提出しようとしたが、いずれも受理されなかったことがわかった。

 父親は「毎日殴られていた」「体育大会の時、複数から殴られた」などとするアンケートの回答に加え、自ら複数の同級生から聞き取った話を基に、同署に相談。その際、応対した署員は「暴行の被害者が(死亡していて)不在で、捜査しても刑事事件としての事実認定は難しい」「加害者の生徒を家庭裁判所に送っても処分がどうなるか、わからない」などとして受理を断ったという。

 父親は「亡くなった息子に代わって被害届を出そうと思った。親にできることは限られており、受理してほしかった」と話している。同署は読売新聞の取材に「事実関係を確認中で現時点ではコメントできない」としている。

学校は気付いていたってことですね。
関わりたく無かったってことでしょうか。
学校全体で取り組もうとは思わなかったのでしょうかね。
大人が対応できなくて誰が対応するのでしょう。
不甲斐ない教師に愕然とします。

個人的には家庭で自分の子の様子がおかしいとは気付かなかったのかその辺が知りたいです。
これだけ精神的に追い詰められていたら何かしらSOSを出していたのではないかなと思うのですが。
いじめられている事を隠そうとしますが、そこは子どものすることですから何かしら様子がおかしいとは気付くのではないでしょうか。

登校拒否という選択肢もありかと思います。
教師まで一緒にいじめに参加しているような学校へ行く必要性を感じません。
教育委員会は自分に責任がかかるのが嫌なのでのらりくらりと言い逃れをするでしょう。
そう言う所です。

学校の先生ねえ。
常識の無い人や対応の仕方を知らない、対応の間違いを認めない先生は多いですね。

学校に安心して子どもを預けられなかったら保護者はどうしたらいいんでしょう。
学校が頼りにならないなら親が子どもを守らなければならなくなります。

自殺の練習って何をしていたか・・・。
その子の首を絞めたりしていたようです。
もしかして教師はそれを一緒になって笑って見ていたのでしょうか。

もしそうなら殴って良いですか?その教師(陣)。
首絞めていた子もぼこぼこにしていいですか?
そんな気持ちです。

正直自分の子が殴られて帰宅している事に気づいていたのか気づいてなかったのか知りませんが親は何をしていたのかという怒りもあります。
何かしら対応の仕方があったのでは?
もしかしたら救えたのでは?

いじめはいけないことです。
そんな事誰でも知ってる。常識。
それを見て見ぬ振りをしている教師は本当に教師と言えるのでしょうか。
どんな問題にしろ単独で対応するのではなく組織的に対応して貰いたいです。
クラスならまずクラス全体で、それでもダメなら学年全体で、それでもだめなら学校全体で問題解決を勧めて欲しい。。。と思う。

********
気になったネットでの記事。
・J-CASTテレビウォッチから
 「津市の中2男子「自殺練習」―学校が生徒に口止め「外にしゃべるな」
・中日新聞プラスから
 「「自殺練習」直接見てない 大津市教委釈明」
・読売新聞から
 「大津市教委、加害生徒?に確かめず…中2自殺」
・J-CASTテレビウォッチから
 「尾木ママ「いじめとの因果関係は95%。学校・教委が隠蔽」大津・中2自殺練習
 「生徒15人が証言した「自殺の練習」強要 事実なら「自殺教唆罪」に当たる重大犯罪
 「橋下大阪市長ウォッチ いじめ自殺に涙「もうちょっと早く気付いてあげられなかったのか」
・@niftyニュースから
 「いじめた生徒にも人権がある」? ネットでは大津市教委に非難沸騰7月6日(金)19時50分配信
追加されるネットニュースの数がしばらくは増えそうな感じですのでWebページへ移行したいと思います。
Webページは携帯では見ることができないのでご了承くださいませ。(7月7日)
********

で、記事の中に加害者の保護者の態度が書かれていたりするんです。
(抜粋)一方、いじめたとされる生徒の母親は、昨年十一月にあった保護者会で「アンケートは周りの目撃情報を基に全く関係ない人間が推測で書いた」と主張。訴訟では、いじめたとされる生徒三人の保護者はいずれも「いじめはなかった」として、市と同様に請求棄却を求めている。

15人もの生徒が推測で同じこと書くと思いますか。

ちなみにいじめの定義として、いじめられた側がいじめだと思ったらそれはいじめなんですよ。
いじめてる側が違うと言ってもダメなんです。

推測云々も含めて第3機関が入ってしっかり調査して真実を明かすべきです。

私に娘は「いじめられていることを誰かに言うとそのことでまたいじめがひどくなるから言えなかったのかも」と言っています。
確かにそうなのかもしれませんが、やはりどこかで食い止めなければならないんです。
ひどくなるならひどくならない対策をするべきなんです。
親子で家族で戦っていかないとダメなんだと思います。

2012年7月 3日 (火)

一輪の花

何故か自宅に一輪だけ咲いていました。
いつも一輪だけなんですよね。
気になって昔この花の名前を調べた覚えがあります。

確かねじり草だったかな、見た目通りの名前だなと思った事を覚えているのでそんなような名前だったと思います。
また調べなおしてみようかなあ。

可愛い花なので大事にしたいと思うのですがここ、人の出入りのある場所で写真に撮る前にはすでに踏まれた後。。。
手で起こしてやるとそのまま立ちあがっていたのでカメラでパシャ。

Cocolog120704a これは野草なのか雑草なのか。。。
この2つの違いは何なのか。

高さは地面から15cmくらいでしょうか。
ひっそりと咲いているわりには人の通る邪魔な場所に咲いているので控えめなのか自己主張が強いのか分からない花であります(笑)。

計画停電対策思案中…

電力が足りないそうな。
嘘つき電力会社はどこまで本当の事言ってんだか。
停電されたくなきゃ原発に賛成しろと脅迫してんのか?
原発を動かさなくても乗りきられたら困るらしい。
まあ、ちまたでそんな事が囁かれております。
要するに誰も彼も信用していない、信用をドン底まで落としてしまったのだな。

まあ、どんだけ囁かれようとも独占企業の厚顔無恥な態度は変わらない。
政府も電力会社も身を削るとか何とか言いながら結局身を削っているのは国民であり消費者なのだな。
最悪な国に成り下がってしまった日本に優秀な若者が育つのか。
育ってもきっと海外に行ってしまうだろうな。

まあ、グチグチと言っていても計画停電が避けられる訳でも無し。
たかが1通に葉書きでのお知らせ。
1軒1軒こういうことになりました、申し訳ないと回ったら?なんて思ったりもするがこういう場合、上の人間が「お前らが回ってこい」と押しつけるのは現場で働いている人の良いおいちゃん達。
ホント、腐ってる上層部。

あぁ、ダメだまたグチグチ。

さてはて停電になる時とはどんな時?と考えるにエアコンをガンガンにかけないと暑くて死んでしまうような日が多いだろうなと。
ガンガンにかけないと死んでしまうのに電気を止めると言う事だな。

問題は時間帯。
いろいろ振り分けられてはいる。
しかし日中の一番暑い日に停電予定が入っている時もあれば、夕飯準備でくそ忙しい時間に入っている時もある。

幸い我が家はキッチンだけはガスが使える。
なのでお湯は沸かせるし煮物炒め物もOKだ。
電子レンジやオーブンを使用しなければきっと何とかなるだろう。
ご飯は炊きあがる時間をずらせば良い。

問題は冷蔵庫。
仮に最長2時間停電した場合中に入れてある食材はどうなってしまうのか。
雪の降るような冬なら外に出していけば良いかなあなんて思うが今は夏。
冷凍食品やアイスクリームはどうなってしまうんだ?
なら最小限の物だけを入れておけば良いと思うがそういう訳にもいかない。
毎日買い物へは行ってられないしお店だって停電した時どう保存しているんだかそれも心配だ。
アイスクリームを袋から出したら融けた形跡があったなんてもの買いたくない。
それなら家で同じ現象を経験した方が気持ち的には楽。

自分だけなら我慢できるがなるべくなら子どもには我慢も最小限にとどめたい。
いらんしわ寄せはしたくないし。

あとは子ども達の脱水症状や熱中症の心配。
スポーツドリンクや塩飴も余分にいるかなあ。

24時間中にたかが2時間と言えどいろいろ不都合は出てくる。
体力のない赤ん坊やお年寄りにはきついと思う。
自分だけなら何とかなることも成り立たないこともしばしば出てくる。

私は次女が生まれて間もない頃水不足で数日間朝9時から半日の断水経験がある。
最初は戸惑ったものの水って容器に必要な分溜めておけるんだよね。
トイレもお風呂の水を使用できたし。
何より節水が出来た!体力は消耗したけど。

電気はどうだろう。
まず暑さ対策を考えねば。脱水症状と熱中症。
そして冷蔵庫の中身をどうするか。

エコキュートって電気使えないとお湯って出ないっけ?
それも視野にいれなくちゃだわ。

こう言う事って経験者に聞くのが一番かあ。

2012年7月 1日 (日)

アマチュアオケ

地元のアマチュアオーケストラの演奏会に行ってきました。
ひこね第九オーケストラの演奏は私は年2回は最低聴きに行っています。

近所の人が団員だったり長女がその会場のお手伝いに行ったりと身近なオーケストラだったりします。
会場のお手伝いをしていると本番の演奏は聴けないので午前中にゲネプロを見学させて貰ったようです。
私はそれがうらやましかったり(笑)。

午後からの演奏と言う事で午前中に買い物等を済ませお昼も済ませチケットを確認し一人でいそいそと出かけました。
席も自由なので好きな所に座れる訳ですが、小学生の座ってる列にはなるべく座りません。
イスをガタガタとされたり話声で邪魔されたくないので。
それでも飲食禁止なのにもかかわらすガサガサと演奏中に音がするので見てみたら大人が何やら孫に与えている様子。
さすがに周りの人もその方向に一斉に見ていました。

演奏は良かったです。癒されました。命の洗濯です。
前半はリヒャルト・シュトラウス「4つの最後の詩」。オペラでした。
正直言葉は分かりませんがゆったりとした時間を過ごせました。
後半はラフマニノフ「交響曲第2番」。
これはすごく良かったです。低音が重厚的でどっしりとした音楽でした。
弦楽器のピチカートが好きなんですが、コントラバスでのこれは良かったです。
あっという間の1時間でした。
指揮者の新通英洋氏。舞台から落ちないかと冷や冷やする場面もありました。

良い時間を過ごさせていただきました。

帰宅すると丸刈り~たのシルクが寄ってきました。
どうも毛が無いのが落ち着かないのか昨日からそわそわとし通し。
慣れるまで忙しないのかなあ。

本日撮った写真です。

Cocolog120701a 何かでくるんでやると落ち着くようです。

Cocolog120701b 後姿、何だかやばいよねえ。
スポンと取れそう。首長っ。ぬっと伸ばしている状態ですがそれにしても長い。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »