リンク

« Newゆるキャラ? | トップページ | アツダル… »

2012年7月24日 (火)

いじめを受けている親御さんへ

ネットの記事を徘徊しているといろいろな情報が落ちている。
それが100%真実か?と言えばNOである。
それを踏まえていろいろ読んでいるとやはり片手落ちの記事が多い。

で、今日も最近めっきり少なくなった大津事件の記事を探す。
記事が無くなり世間で忘れられてはいけないのだ。
いじめは決してなくならないと思う。
今現在も加害者被害者が居るのだから。

で、参考までに覚えておくといいかも?と思う記事を見つけたのでリンクしておきます。

親一人で学校にいじめ相談してもモンスターペアレント扱いも

(抜粋)
 「私が相談を受けたケースでは、運よく担任の先生が必死になって対応してくれたとしても、校長先生の段階で握りつぶされることのほうが多い。また、担任が対応を誤ると、いじめた生徒に注意したことが“チクった”と思われて、いじめがエスカレートする危険もあります」

 なかにはそれで恐喝され、お金を渡さざるを得なくなったケースや、学校側が生徒たちに口止めをして、証言がとれなくなることもあるという。

 大津のいじめ自殺でも、「担任への相談」が悲劇を招いている。

 手順としては、担任の教師に相談するより前に、保護者の中で親身になってくれる協力者を見つけるのが先だ。協力者と一緒に子供たちから話を聞いて、どんないじめがあったか、客観的事実を書面にしてまとめておくのだ子ども未来法律事務所:弁護士・徳岡宏一朗さん談

やっぱり学校は頼りに出来ないということですね。
というか頼りにするなってことでしょうか。

うちの末っ子がある問題児に胸倉を掴まれたことがあります。
ただその子の傍を通りがかっただけで。
面識はありませんでした。この件でこんな子がいたんだと認識したくらいです。
別に怪我も無くいじめということも全くなく、ただそれだけで済んだ事でした。
その時の学校の対応があたふたとして余裕がなく、担任も説明するのに一所懸命でこちらの質問を受けられないくらいに切羽詰まった印象。
これでは本当にいじめが起こった場合対応は無理だと思います。
何に対してあたふたしていたんだか知りませんが、全く対応力の無さを暴露していましたね。

どの学校も同じようなものなのかもしれません。

もしいじめを受けている子がいたなら「いじめを受けている事は恥ずかしいことではない」ということを教えてあげたい。
恥ずべきはいじめをする方なのだよ。

いじめをする原因に親子関係の希薄さがあるようです。
乳幼児期に育児放棄等母親を信用できない事があると子どもも母親を拒絶するようです。
愛情不足から不安定な精神状態で幼児期を過ごしそれが思春期に爆発するのかなあ。

いじめをする子は1対1ではないですよねえ。
必ず数人で一人をターゲットにする。
つまり一人では何も行動を起こせない子ってことでしょう。

恐喝暴力脅し。犯罪を犯す子に育てた保護者もその責任を負うべきですよね。

« Newゆるキャラ? | トップページ | アツダル… »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

私も以前倅が他校の問題児で評判の子に絡まれて、警察に保護されたなんてことがありました。

その時に倅はほかの子たちと遊んでいて、急にその子が入ってきて絡まれ、倅はその場を逃げて交番に行って保護されたという運びです。

その時の学校の対応は当時(春先)学校の校長、副校長が赴任したばかりで、まだ学校の事情というものがよくわかっていなかったという事もあったのですが、絡んだ児童の親と絡まれた側(しかも私のみ)と当事者と校長、副校長、担任のメンツで話し合ったのですが私が何故か議長席に座らされ、進行も兼ねたと言うなんとも腑に落ちない展開

しかも相手の親はその手の稼業らしく「なんとも頼り甲斐のない対応」と落胆したものです

その場は向こうの両親から謝罪を受けて一見落着し、学校側からも一個人としての私の信用を得ましたが、こんな調子では困るな?とも思ったものです。

時は移り今その倅も大津の子と一緒の中学生・・・・
一生懸命「人様に迷惑かけないように・・・・」と育てたつもりですが親の薫陶を受けつけず、人様に迷惑をかけ続け、学校には謝罪しっぱなしの状態ですが、唯一の救いは「弱い者いじめは卑怯」と思っているようでその辺のけじめははっきりとつけているようです。

今は学校の先生と連絡を密にして育児に当たっていますが世間の事件を見るにきっとうちは運が良い方だと思いました。

長くなってしまいましたが私が思うに学校の対応については、近年、学校の教師の児童に対する仕事(指導)量に対して教師の持つ権限が少なく、薄くなってきていることも問題だと思います。

基本的な構図は本来「仕事(指導)=権限」のはずが今は
「仕事(指導)>権限」になってきていると思います。

暴力を是認するわけではなかったですが私の子供のころは先生によく殴られましたし、そのことを迂闊に親に話したら「お前が悪い!」の一言で終わり下手をすればそこでまた親に殴られるなんてこともありましたよ。結構理不尽なこともありましたが子供ながらになんとか消化してきたものです。

でも今、暴力を振るえばすぐに学校を飛び越えて教育委員会に訴える等々本当ならなかなか抜かない伝家の宝刀を安易に抜いて振り回す親が多いのかと思います。言わゆる「モンペ」ってやつですね・・・・

学校に子供を預けてるんだからしっかり責任もって!!という気持ちもわかりますがまずなんでそうなってしまったかを子供としっかり話し合い、学校と話し合い、という地道なことを繰り返して今まさにカオスな状態を健全にしていくことも大事なのでは?と思います。

長文すいません。。。。。

パパイヤさん

貴重なご意見ありがとうございます。
自分たちが子どもの頃と今とでは先生と保護者、子どもと先生の関係がかなり違いますね。

子どもの数が減って核家族化も進み過干渉の親が増えているように思います。
そうかと思えば放置しっぱなしで子どもがどこで何をしているかなどお構いなしという親も多く見かけます。

私自身はかなり荒れた中学校へ通っていました。
でも今のようないじめというか犯罪まがいな事は無かったし学校の先生も子どもとしっかりと向き合っていたように思います。
それに反抗する方向性がしっかりしていました。
なので普通にクラスメイトだったし楽しかった思い出でもあります。

「先生が子どもと正面から向き合う」

これが出来てないんですね、今は。

こんなことをしたら親からクレームが来るんじゃないか、とかこれをしたら評価が下がるんじゃないか、そんなことばかりを気にしているように思います。

だから「隠ぺい」して面倒くさいことには蓋をする。
子どもはいずれその学校を卒業するのだからそれを待つのみ。

モンスターペアレンツの相手も大変だと聞きます。
親自身に躾が必要なのでは?と思う事もあります。

悪循環ですね。

私は思春期に反抗しないでいつするんだ?と言う思いもありますが、だからと言って犯罪を許している訳ではない。
反抗大いに結構、親子喧嘩は現在大学生の娘も高校生の娘ともよくしました。

高校生の娘とはいまだにしてますが^_^;。

近所に高校の教師をしている方がいます。
その人曰く「学校を卒業してすぐに生徒たちに先生先生と言われて自分が偉い人になったと勘違いしている教師はたくさんいる」と言っておられたのが印象的でした。

健全な学校というものをもう一度考え直さなければならないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめを受けている親御さんへ:

« Newゆるキャラ? | トップページ | アツダル… »