リンク

« 浴衣で演奏♪ | トップページ | 自動車免許の更新 »

2012年8月28日 (火)

いじめやDV撲滅に一役

今日から小学校は2学期が始まりました。
末っ子君の様子をみていると今までにないくらい宿題をしていなかった印象です。
与えられたプリントはこなすのですが問題は自主学習ノートと感想文。
やらなければ全部自分に返ってくるのですが本人には分かりませんよねえ。
学習量はゆとり教育より30%増えているのに土曜休日は変わらないため詰め込み授業になりつつあるようです。
学校で分からない場合は塾へ行けという感じです。
これってどうなん?

世間では大津のいじめ自殺問題からあちこちでいじめの問題が取り上げられています。
遅すぎると思いますが今まで見て見ぬふりをされていた問題を取り上げられている今がいろいろなチャンスなのかもしれません。

いじめやDV撲滅に一役 ICレコーダーを「証拠」に活用増える」(別窓×)

こんな記事が。
要するに子どもにICレコーダーを持たせて証拠を掴めということですが、以前も親が子どもに持たせたというニュースを聞いたことがあります。
その当時はそんなのまで持たせて非常識だという風潮でした。
というかそういう事を言う人がいたのですが、今は違うのでしょうかね。
こっそり忍ばせろというのですが、いっそのこと監視カメラでも学校に設置でもすれば?とも思います。

幼稚園だか保育園だかで親がいつでも園での様子が携帯やPCで見られるという所があります。
それを小中学校にに設置すれば?と。
国から52インチのテレビを各教室に設置するより有意義と思います。
あれ、邪魔だし使わないし税金の無駄使いです。

きっとカメラを設置するとなると子どもが委縮するとかプライバシーとかの問題があがるでしょう。
でもいじめも減ると思います。
子ども同士のいじめもありますが、教師の対応もまるわかり。
私自身は教師の対応の方がきになります。
我関せず、事なかれ主義の教師が多い中いじめが起きているのですから人を教え導く仕事を選んだ責任は負ってもらいたいです。
あとは教師に一般常識を身につけてもらいたいです。
特に小学校の一部の先生。次は中学校。
要するに子どもが小さいほど先生もおかしいのです。

あ、学校の門に警備員でも置きましょうか。
不審者対策。
定期的に校内をパトロールもしてもらいましょう。
子どもが委縮するといけないので制服はやめてもらっていざという時に力を発揮してもらえるように配慮して、時々子どもたちと遊んでもらったり。
年齢は幅広くが良いですね。

教室と廊下にカメラ。
校門に警備員。パトロール付き。時々遊び相手。

そういう事業を新しく立ち上げたら良いんじゃね?と思います。

これでいじめ減少に教師の事なかれ主義もできなくなり親もある程度安心。

そのくらいしないと今のいじめはなくならないんじゃないかと思います。
非常識な親、自分勝手な親が増えているのも事実です。
そういう人も警備員に追っ払ってもらいましょうか。

で、今気付きました。
もしそうなったら頼りになるのは先生より警備員?
それも情けない話ですね。
あくまでも学校で起きたことは先生の責任の下っていうのが絶対条件でしょうか。

« 浴衣で演奏♪ | トップページ | 自動車免許の更新 »

ニュース」カテゴリの記事

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめやDV撲滅に一役:

« 浴衣で演奏♪ | トップページ | 自動車免許の更新 »