リンク

« 『子ども悩み電話:相談員不足で届かぬSOS59万件』 | トップページ | モンスターやっつけた♪ »

2012年10月11日 (木)

RS感染症が流行っているようです

最近よく耳にするRS感染症
私自身今回初めて聞きましたがどうやら子ども達と携わるお仕事の方はよく見知った感染症のようです。
別に子どもだけに感染する訳ではないのですが、乳幼児が感染すると重症化する危険もあるようです。

インフルエンザとどっちが怖いのかな。
この冬はインフルエンザに加え、RS感染症、胃腸風邪、マイコプラズマ等いろいろ気を付けなければならないようですが、基本的に予防策は同じかと思います。

帰宅時の手洗いうがいですね。
この手洗い、うがいをするより予防できるようなので正しい手洗いをしてください。
よく洗い忘れがちなのが親指や指の股の部分、指先。
私も良くやるのですが手を石鹸で洗っていると何故か親指って気にしないと洗い忘れちゃうんですよ。
でもしっかり洗った気になってしまうので厄介です。

RS感染症の症状いったいどんなものなのか調べてみました。
潜伏期間:4~5日
症状:鼻水、咳、発熱(高熱)の後、気管支炎、細気管支炎になることも
発病期間:通常1-2週間で軽快
感染する原因:接触、飛沫
治療法:対症療法(特効薬がないため)

箇条書きにするとこんな感じです。
風邪の症状そのままです。
乳幼児さんは咳をしてぜいぜいと胸が鳴っている場合はRS感染症を疑ってください。
生後6カ月未満でも感染するようです。
母乳の抗体では防げないようです。
「日本では2歳までにほぼ100%が初感染をうけると考えられます」とのこと。

インフルエンザの検査をした経験のある人は分かると思うんですが、鼻穴に綿棒突っ込まれてぐりぐりってされて鼻水検査するじゃないですか、あれと同じ検査がこのRS感染症もすることがあるらしいのですが、保険対象が入院児のみみたいです。

ようするにとにかく咳が出て発熱したら症状の軽いうちに病院へGO!ってことです。

インフルエンザが何故冬に流行るか?ってことを以前聞いたことがあるんですが、ウイルス自体は1年中いるそうです。
ただ日本の気候の関係で湿度がウイルスに付着すると重くなり下にさがり地面等に転がってるそうです。
ウイルスなので転がってるんだか張り付いているんだか上に行こうともがいているのだが知りませんが(笑)。
空気中には漂ってないため感染しないらしいです。

RS感染症も同じなのかなあ。冬に流行るということはウイルス全般に言えることなのかもしれません。
部屋の湿度にも気を付けないといけない時期がやってきました。
湿度の事は1月27日を参考にしてください。

« 『子ども悩み電話:相談員不足で届かぬSOS59万件』 | トップページ | モンスターやっつけた♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

なんか知らんまに感染してそうやね
んで知らんまに治ってて・・

pooさん

咳と熱が~って医者行ってもあまりRS感染症ですね、とは言わないですよね。
検査して初めて分かる所はインフルエンザと同じですねえ。

結局、解熱剤や咳止めや場合によっては抗生物質を処方して貰って治すんですから風邪の一言です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RS感染症が流行っているようです:

« 『子ども悩み電話:相談員不足で届かぬSOS59万件』 | トップページ | モンスターやっつけた♪ »