リンク

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月27日 (土)

鳥人間コンテスト1日目

今日明日は琵琶湖で鳥人間コンテストがあります。
午前中暑くなる前にと見に行ってきました。
それでもすでに30度越えだったので暑い暑い。

Cocolog130727a 本部側から撮影。ここから飛行機が飛び立ちます。

Cocolog130727b さてこの後姿の女性は誰でしょう。
本部席近くを通っていたら柴田理恵さんとすれ違いました。
どうやらスタッフの人が案内をしていたようです。

Cocolog130727c プログラムが書かれた看板。

Cocolog130727d この似顔絵は誰でしょう?
科学者のでんじろう先生です。
滑空を見たかったのですがかなり待たないと見られないので帰っちゃいました。

Cocolog130727e プログラムです。

私が見たのは滑空機部門です。
去年も書いたのですがとにかく待ち時間が長い!
あっという間にお昼も過ぎ2時前。
プログラム5番までしか見られませんでした。
末っ子君はお腹すいた~とうるさいし気温はぐんぐん上がるし。

テレビの放送は9月4日19時から読売テレビです。
テレビなら次々飛んでいるように見えますが実際は飛行機を上まで運び、インタビューや応援団とのからみやらがあり、やっと滑空。
着水してから湖に浮いた飛行機の撤収が終わらないと次は飛びません。

この飛行機を運ぶという作業がまた大変そうです。
何せ翼が長いので支えないといけないし、向きを替えるのも大人数で少しずつ替えて上まで運ぶんです。
そういう裏方はテレビでは放送してませんねえ。

飛行機を運んでくるトラックも頻繁に通ってますし、浜にはこれから飛ぶ飛行機が待機してます。

面白いのが鳥人間コンテストをしている同じ所で家族で泳ぎに来ている人もいるんですよ。
なので浮き輪やら水着を着た子ども達が琵琶湖で泳いでます。

なかなかプログラムの最初から最後までは見られません。
毎年本当に一部だけ。
それでも鳥人間コンテストの時期がやってきたなあと思うのです。

2013年7月24日 (水)

動物占い海外編

ミクシィニュースで面白い記事を。
昔、動物占いが流行りましたがどうやら海外版もあるようです。
占いなので、当たるも八卦と言う事で軽くとらえてくださいませ。

元記事に行ったんですが分かりにくかったのでミクシィの記事をそのままコピペします。

-------ここから-------
<質問>
あまり深く考えず、直感で選んでくださいね。
Q1.どちらかというと
 A. 社交的な性格だ B. 内向的な性格だ
Q2.新しいかばんを買いました。「あ、かばん変えたね」と話しかけてきた同僚に……
 C. まず値段を説明する D. まず機能や価値を説明する
Q3.決断はいつも
 E. よく考えてから F. 直感に頼る
Q4.どっちがあなたらしい生き方?
 G. 自分で目標を定めて突き進んでいく H. チャンスが来るのを待って、波に乗る

<結果>
ACEG ミツバチ
いわゆる公務員向きの誠実なタイプ。安定を好み、コミュニケーション能力が高い。
ACEH キツネ
誰とでも仲良く、常に自分にとってのベストを見つけてはみんなにシェアするカリスマ。
ACFG ゾウ
家族、友人、同僚を大事にする気遣い上手。疑うことを知らない善良なタイプです。
ACFH カワウソ
好奇心旺盛で社交的な太っ腹。ものごとに執着せず、今を生きる楽天家。
ADEG ライオン
自立心が強く理論的。説得上手な一面も持ったまさにリーダータイプ。
ADEH オウム
賢く、知識が豊富でユーモアもあり、分析好き。ひねくれ者やおしゃべりな人も。
ADFG イヌ
周りの幸せが自分の幸せ。いつもみんなの中でかわいがられるマスコット的存在です。
ADFH イルカ
好奇心が強く、サービス精神も旺盛。ハッピーを振りまく人気者だが飽きっぽい一面も。
BCEG ビーバー
自立していて頑固な面もありますが、上昇志向を持った堅実な働き者。
BCEH ネコ
ルールに縛られない自由さが特徴。時におとなしく、時に情熱的な気分屋でもあります。
BCFG シカ
調和を重んじ、人の意見を尊重します。繊細なハートを持ち、人に信頼されるタイプ。
BCFH ナマケモノ
思慮深く、とても大人ですが、表に出しません。マイペースに今を生きる平和主義者。
BDEG タコ
知識欲が旺盛で、自尊心もあります。外野の意見は気にしない、自由を愛するタイプ。
BDEH フクロウ
自立していて秩序を重んじます。楽な方に流されることを好まない堅実な努力家タイプ。
BDFG オオカミ
他人の心理に敏感で、打ち解けるのには時間が必要。それがミステリアスな魅力でもあります。
BDFH ミーアキャット
理想家の一面を持ち、自分の生活を守ります。家族や近しい友達を何よりも大事にします。

-------ここまで-------

ちなみに私は「シカ」でした。

2013年7月21日 (日)

初 歌舞伎!

テレビなどでは耳にしたり観たりしたことはあっても生で舞台を見た経験がありませんでした。
そして本日初歌舞伎を見てまいりました。

きっかけは末っ子君が学校から持ち帰ったチラシ。
小中学生はご招待、付添の保護者は1名まで半額のチケット料金。
これに飛び付きました。
末っ子君自身は全く興味も無く、訳が分からない物を見に行きたくないと駄々をこねておりましたが私が無理やり、座ってるだけで良いからと申し込んできましたね(笑)。
末っ子君の毎日毎日ゲーム三昧に悩まされておりまして、少しでも他に目を向けさせてやろうと思うこの親心!

正直、歌舞伎は全く知りません。
分かりませんが何となく興味はありました。
と言う事で席は2等席を希望し後ろからこっそり見るということで…。
いや、別にこっそりしなくても良いのですが、無知な私は1等席では見る勇気も無く…。

番町皿屋敷に一幕二場。
襲名披露。
連獅子との3部構成。

番町皿屋敷もお菊さんのいちま~いにま~い程度の知識でしたが、今回は亡霊のお菊さんは出ませんでした。
大事なお皿をわざと割り、播磨の自分への気持ちを確かめるお菊。
粗相なら許そう、いずれ結婚しようと言われるのですが、わざと割った事を播磨にばれてしまい、何故そんな事を??と問いつめられるお菊。
お見合いの話が播磨に出ている事に不安を感じ、つい女心の浅はかさで播磨の気持ちを試したと話すお菊。
本気の気持ちを試され本気で怒る播磨。
もし家来が皿を傷つけたり割った場合は手打ちにするという大事な皿。
わざと割った事を知った播磨はお菊に刀を向けるが家来の一人に「皿より命の方が軽いのか」と問われたため、播磨はお菊の前でその皿を全部割ってしまう。
皿などどうでもいい、自分の本気の気持ちを試された事が許せないとお菊を切り捨ててしまう。
井戸に落とされたお菊。という場面でした。

実は、舞台が始まる前にイヤホンガイドをレンタルしました。
いろいろ解説してくれてるんですよ。
末っ子君ように借りたのですが、時々私も付けて聞いてました。
これは良いですねえ。
分かりやすかったです。

連獅子も長い髪をくるくる回すという程度の知識でしたが、そこまでに至る物語があったんですねえ。
子獅子を崖から落とし這い上がらせる、という話ですが、親の心情や子どものやんちゃさ等事細かなストーリーがあり面白かったです。
宗派の違う2人が霊峰で出会い自分の宗派の方が優れていると争うのですが最後には念仏と題目を取り違えて騒いでいる様は笑いを誘いました。
そんな事をしているとどうやら獅子が出てきそうと逃げてしまいます。

そして親子獅子が現れ、髪洗いという長い髪をくるくる回す場面です。

敷居が高かった歌舞伎でしたが、ひょんなきっかけで見ることが出来た舞台は楽しい時間でした。
もう少し勉強してまた見に行きたいなあと思ったのですが、きっとこのまま、いやあ、楽しかったあ、で終わっているんでしょうねえ。

2013年7月16日 (火)

花火大会にサマーコンサート

3連休が明けましたねえ。
天気が不安定でした。

13日に近所で花火大会がありました。
自宅から見られるのでいつも自宅から写真を撮るのですがうまくいきません(^^ゞ。

Cocolog130716a まあ、正直いつも迫力不足といいますか、もう少しいろいろな形を見たいなあと思う訳です。
なので近所と言え近くまで人混みの中行こうと思わないんですね。

そんなこんなで子ども達も外に出て走り回っております。
近所のパパさんが手持ち花火を出して来てくれまして子ども達は大喜び。
空に大きな花火が打ちあがっているのを見もせず目の前の小さな花火で大はしゃぎ。
ついついオネショするなよおと思うのです。

Cocolog130716b良く見えませんが手前で子ども達は花火をして空には花火が上がっています。
見もしてません。
花火が終わった後、水遊びを始めた子ども達。
バケツで水をかけたり水鉄砲で水をかけたり。
てめえらこっちにかけんじゃねえ!と脅しをかけつつ避難。
家に入って速攻で風呂でしたね。

15日は近所のひこね市文化プラザにサマーコンサートへ行ってきました。
地元のアマチュアオケ、ひこね第九オーケストラの演奏を聴きに。
命の洗濯でしたね。

1曲目はモーツァルトのピアノ協奏曲第23番。
指揮者(新通英洋氏)自らピアノを弾きながらの指揮。
ピアノコンサートに来た感じで聴き入っていました。
もっともっと聴いていたかったです。

2曲目はドビュッシーの小組曲。
最初の曲とは対極に感じました。
これぞオケの王道ですかね(笑)。

3曲目はブルックナーの交響曲第7番ホ長調
これはねえ、重厚な曲で低音がかっこいいんですが、1時間程の大曲でした。
第2楽章あたりで脳内α波が出ていたようで寝てしまいました。
気持ちよ~くうっつらうっつら。
うたたねと言いますか、曲は耳に入ってきてる状態。
曲調が変わるとパチっと目覚めるんです。
そりゃもうスッキリとした目覚め。

そんなこんなで3連休が終わり日常が戻ってきました。
ただ夏休みが目の前で家の中がうるさくなるんだなあと。

2013年7月 9日 (火)

ねこカフェに行ってきました♪

ねこcafe' にゃんこっこ
というネコカフェに行ってきました。
今年の2月22日にオープンしていたようです。

Cocolog130709a 1F入ってすぐの部屋。こじんまりとしてなかなか落ち着いた感じでした。

Cocolog130709b この子は2Fに居た銀太郎君。一番の私のお気に入り♪

Cocolog130709c 妙に貫禄があるにゃんこでした。

Cocolog130709d 実はこの子目当てで行ってきました。
オッドアイなんですが分かるかなあ。
初めて生でオッドアイのネコを見ることが出来ました。
気の強いお嬢みたいですよ。

次女と末っ子君と3人で行ってきたんですが、次女は友達もまた行くらしい。
末っ子君も夏休みになったら行きたいそうな。

2013年7月 7日 (日)

ジムカーナ観戦

奥伊吹スキー場でジムカーナを見に行ってきました。
正式名は「JAF近畿地方選手権・JMRC近畿ジムカーナチャンピオンシリーズ」というらしい。

いやあ、いろいろな車が見られて壮観でしたよ~。
天気がやっぱり不安定でしたが、雨には降られることはありませんでした。
気温も地上と5度くらい差があったようで涼しかったし。

Cocolog130707a 全然詳しくはないですがこういう車を見てるのは楽しいですね。
博物館のように飾ってあるのではなく躍動感がある方がやっぱり好きです。

Cocolog130707b すでにコースを走った車やこれから走る車。
よだれ物ですわ~。

Cocolog130707c コースで走っている車。

Cocolog130707d 手前がエントリー車で奥がコースになっています。

ジムカーナは初めて生で見たんですがなかなか楽しかったです。
知り合い作りて~(笑)。

2013年7月 1日 (月)

鈴鹿サーキット

6月の最終日に鈴鹿サーキットへ行ってきました。
10時開場に間に合うように家を出た時から雲が出ていて天気が心配。
鈴鹿に入ったら雨が降ったりやんだり。

遊んでいる時には日傘は必要だったけれど雨傘は必要無しの天気になり暑かったですねえ。

Cocolog130630a 後ろはチケット購入のための列と、開場を待つ人の列。
小さい子を連れた家族が大半でした。

Cocolog130630b まず一番最初に向かったのがレーシングカート乗り場。
今回は身長も年齢もクリア。
前回は小さくて乗れなかった。

Cocolog130630c ズボンと手袋ヘルメット等を借り室内で説明を受けた後自分の乗るマシンの説明を受けています。

Cocolog130630d No.8のマシンでGO!
安全面でも考慮されていてお団子状態の時はアクセルを踏んでもスピードが出ない様にコントロールされているようです。

Cocolog130630e_3観覧車からサーキットを撮影。
この日は2輪が走っていましたが、これが趣味の人達なのかプロの人達なのか私にはわかりません(^_^;)。
もうすぐ8耐があるようなのでその人たちなのかもしれませんが。

Cocolog130630f F1の前で。ちょうど人が居ない時を見計らって…。

思ったより天気が回復してしまい暑かったです。
取りあえず年齢的に最後かなあ。
一日楽しんで帰宅。
疲れました~。はあ…。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »