リンク

« 景色が霞んでる | トップページ | 就活生に愛の手を »

2014年2月28日 (金)

私の子育て論6

It Mama というサイトがあります。
子育て真っ最中の母親向けのコラムがたくさんあって、いろいろ迷ったり悩んだりしているママさんは覗いてみると良いかもです。

読んでいても何当たり前なこと言ってるんや、とか参考にもならねえ~( 一一)というのも中にはありますけどね。
あくまでも私の主観です、主観。

で、ちらっと読んで気になる記事をピックアップしてみました。

1.「自分の子どもが好きになれない…」と悩んだときの処方箋5つ

2.体に悪い安物はNG!足のトラブルから遠ざかる「良質な靴」6つ

3.「勉強しなさい!」と言わなくても子どもが勉強したくなる方法

1の記事ですが、痛い思いをして生まれたことの感動はどこへやら。
毎日の家事と育児に追われ、自分の時間は無いわ、おしゃれなんて言葉なんてどこ行っちゃったの、とかどうして寝てくれないのよ、あんたが寝たらしたいこと山積みなのよ、な~んて時期によく陥るこの感情。
記事には5つのうち4つまでが写真を見るでした。
写真を見たらこの感情はなくなるのか?と思わないでもないけれど、一度自分の気持ちを落ち着けさせるには有効かもしれないなあと思います。
4つ目の「お昼寝アート」とは何ぞや?
これは写真を加工するのか寝ている子どもの周りを飾るのか??
これに似たことはしたことあります。思いのほかストレス発散できます。
寝ている子どもの周りにぬいぐるみやらおもちゃやらを置いてデジカメで写す作業は無心になれるし物の置き方とか構図的なものを考えてる時は育児から解放されるし(笑)。
写真に収めたらとっとと片付けないとダメですけどね。
後は子供服を作ってそれを着せて楽しんでました。
いわゆる自己満足を満たしてやるのが良いのです。
他人がどう思おうが自分が満足できる何かを探してそれを自分の中で満たしてやるとちょっとだけ余裕が出来るのです。
まあね、母親とて一人の人間ですし、子どもだって一人の人間です。
思い通りにならないのが人ってもんです。

2、の靴のことは海外製のものは全くわかりやせん。
そんなハイソでは無いし、近所にそんなのがあるとも思えませんし、小さい子って靴を無くすんですよ。あらもったいない(笑)。
何故にこの記事にはお値段が書いてないのじゃ?
確かに靴って成長に大事なものなんですよ。
安い靴は転びやすいのは確かです。
そしてあまりキャラクターなものは履かせませんでした。
私が思うに家で用意する靴も大事ですが、学校で履かせる上靴を何とかして欲しかったなあ。
子どもの生活の大部分がその上靴な訳で。
あの上靴が足に良いとは思えないけれど、高い上靴ってどうなのよ?って話ですが。
大人と違って1年に何度かは靴を買い替えないとダメですしねえ。

3はどこの親も思うことなのかな。
長女には言ったことは無いです。
次女には受験生なんだからいい加減もっと勉強せえよ、と中3の時に言ってましたね。
末っ子君が4月から中学生なのでこれから言ってしまうセリフかもしれないです。
時代の流れて今や勉強はタブレット。
末っ子君にはノートよりこっちのほうがやってくれそうな気がします。
何せゲーム大好きですから。
点数取ってナンボですから~。あぁ、頭が痛い…

« 景色が霞んでる | トップページ | 就活生に愛の手を »

子ども全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の子育て論6:

« 景色が霞んでる | トップページ | 就活生に愛の手を »