リンク

« 世間が騒がしいですな | トップページ | 最強台風8号 »

2014年6月30日 (月)

ひこね第九オケ サマコンでした

ひこね第九オーケストラサマーコンサートへ行ってきました。
末っ子君が午前中は部活でコンサートが午後1時半開場。
今まであんまりオケの演奏に興味を示さなかった末っ子君。
部活で吹奏楽部に入り、パーカッションになったためそれなりに興味を持ち始めたようです。
まあ、自分の姉が団員で演奏するというのも大きい、、、ことは無いか。
長女が出ていても留守番してたし。

末っ子君が帰ってきてお昼を食べさせ出発。
車で7分(近っ)。
すでに開場後だったのでチケットを渡し席を確保。

1曲目:ラーション 抒情的幻想曲
 幻想曲と言うだけあって幻想的でした。
 風景を思い描きやすく景色がキラキラした感じでしたね。
 ヨーロッパの広大な広い草原みたいな?
 ホルンってあんな綺麗な音だったんだあと改めて思いました。

2曲目:グリーク ピアノコンチェルト
 初っ端に「あぁ、この曲!」と誰でも一度は聞いたことがある曲です。
 ただ全楽章を聞いたのは今日が初めてでした。
 ピアニストのピアノがすごかったあ。
 くるくる指が回っておりました。

3曲目:ニールセン 交響曲第4番
 はっきり言ってよくわからなかったな。
 音がとっ散らかってる感じを受けて落ち着かない。
 いつも探し物をしている不安定感を感じました。
 ただ後半ティンパニー2台が迫力満点ですべてを持って行ってました。

Coco140629a演奏中は撮影出来ないので休憩中の準備をしている時こっそりと…。
中心の一番後ろと左手前にティンパニーがあります。
2台あるのを聞くのはこれまた初めて。
格好良かったです。
音がとっ散らかっていようが何が何だか分からなかろうがすべてこのティンパニーが相殺してくれました。
もう一度聞くとしたら後半のこのティンパニー部分から以降が良いです。

アンコールも終わり、会場を後にしました。
今回は何だろうなあ。
最後の曲に??が残りつつも不思議な余韻が残りました。

« 世間が騒がしいですな | トップページ | 最強台風8号 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひこね第九オケ サマコンでした:

« 世間が騒がしいですな | トップページ | 最強台風8号 »